未経験の職に転職できる?成功させるコツ3選!

未経験ok」と書いている求人がたくさんあります。でもこれまで他の仕事をしてきて「転職する」となると、ハードルが高いように感じます。未経験者も可能な仕事場に転職するためにできるオススメの方法をご紹介します。

転職も初めて!しかも未経験!

転職経験者で数多くの失敗をしてきたUTTAMです。30代になり、

「未経験」という言葉は、10代20代の人に、当てはまると感じるかもしれません。

30代になるあなた。これまで1つの仕事を、10年ほど続けてきたかもしれません。そこで、いろいろな経験をしてきました。さらなるステップアップを願って、転職を考えています。

でも転職しようと思っている業種が、「未経験」の場合でも「転職」できるのでしょうか?

不安になりますね。

30代で未経験というのは、若い世代に比べると不利と感じます。どうしたらよいでしょうか?

実は、未経験という不利と思えるような状況でも、転職を成功させることができます

役立つ「3つの方法」をご紹介しますね。この3つの方法を、1つずつ当てはめていけば、あなたも「未経験の業種」に転職することができます。

とはいえ、手っ取り早い方法は、マイナビエージェントなどの「転職エージェント」を使うことです。なぜでしょうか?

客観的に自分の能力や良い点、苦手な点がはっきりします。転職しようと思っている職業が「自分に合うのか・やっていけるのか」といった具体的なアドバイスもくれます。

「転職エージェント」からの忠告は、単なる友達が与える助言ではありません。「転職のプロ」からの率直なアドバイスがもらえるのです。それで、転職エージェントを使うのが、初めての転職の場合、良いです。



マイナビエージェント

次の部分では、未経験の業種に転職するために、成功させる3つの方法を見てみましょう。

  1. 自己PRを充実させる
  2. できるだけ多くの求人を見る
  3. あきらめない

未経験でも転職できる!確実に成功するための3つのコツ

①自己PRを充実させる

「10代・20代」であれば、「がんばります!やる気があります!」といった言葉でも、合格できるかもしれません。

でも30代になったあなたは、様々な経験をしています。強みメリットがあります。それらを、自信を持って伝えましょう。

そのためには、どうしたら良いでしょうか?

まず、自分の強みや経験を「書き出す」ようにしましょう。整理してみるのです。どのようにできますか?

これまで自分は、どんな経験をしてきたでしょうか?希望している会社にとって、自分がどのように「役立つか・即戦力となるか」ということを話しましょう。

例えば、このようにできます。

以前の会社でこんな仕事をしてきました。その中で、このような技術を身に付けてきました。それは御社にとって役立ち、すぐに発揮できることです。

いかがですか?説得力があると思いませんか?

もし「役立つ資格がない」と思うなら、どうでしょうか?

以前は、こんな仕事をして、いろいろな技術を身に付けてきました。さらに御社で働けば、一層自分を成長させることができます。

このように言えるでしょう。できる限り、心から熱く語るようにしましょう。

そのためには、「過去のエピソードを整理する」のが良いですね。

また、この会社に転職したいという「志望動機」は、重要です。

未経験にもかかわらず、新社会人ではない私たちは、「なぜ御社を選んだのか。なぜここで働きたいと思っているのか」という動機が大切です。

これもはっきりと伝えられるようにしましょう。

②できるだけ多くの求人を見る

日本は人手不足です。仕事を選ばなければ、様々な職種に就くことができます。心身ともに健康であれば、なお良いですね。

数えきれないほどの求人がある中で、どのように転職先を選んだら良いでしょうか?またどのように、「多くの求人を見る」ことができるでしょうか?以下の3つがあります。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク

これらを利用できますね。

家の仕事の中よりも、とりわけ「人と接する」ことにより価値の生まれる職業が良いですね。

機械的に行うものではなく、ホスピタリティー溢れる業種が今後オススメです。例えば、どのような職業があるでしょうか?

  • 病院での仕事や栄養士
  • 保育士
  • ホームヘルパー

興味深い職業があります。それは「縫製工」です。これが、今後給料の上がる職業のトップになると、ある雑誌には書いてありました。洋服を作る仕事ですね。

技術力があり、しかも着る人一人一人にあったものを作ることにより、職の価値が上がりそうです。

自分の望みや能力に合う仕事を見つけるために、できるだけ多くのサービスを使っていきましょう。

とりわけ、求人数では「転職エージェント」よりも「転職サイト」の方が多いです。多すぎて圧倒されるほどです。サクッと登録しておきましょう!

DODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!

 

さらに理解したい人のために、「転職初心者に告ぐ!転職サイトと転職エージェントの違い!」という記事は、参考になるでしょう。

③あきらめない

精神的なものですが、「未経験だと仕事につけない」などという消極的な気持ちと戦いましょう。「最初からダメだ」と思うと、何も始まりません。行動しましょう!

希望している仕事が、今ついている業種と異なる場合は、どうしましょう?

  • 時間をとって勉強する

固定概念は捨てましょう!これが原因で「自分にはこれが合っている。それ以外は何もしない」といったものが邪魔をして、転職できなくなってしまうかもしれません。

あきらめない」ということには、「時間がかかっても転職先を探す」ことも含まれます。

転職は、簡単には終わらないかもしれません。すぐに転職ができてしまうと、実は自分に合わなかったり、楽しくなかったりする場合があります。

それで、「転職すること自体が副業」と考えた方が良いでしょう。一つの仕事をするのです。仕事というストレスのかかる分野ですが、根気よく探していきましょう。必ず見つかります!

ぼう然と「転職をしよう」と思って失敗

私の経験を話しましょう。

あなたと同じように、転職を希望していました。でも、うまくいかなかったのです。なぜでしょうか?

それは単に転職したいと「呆然に考えていた」からです。

自分の「強み・弱み・願い」がありませんでした。転職が「今の仕事が楽しくない。辞めたい」といった薄っぺらな理由だったからです。

このように呆然と考えていたゆえに、どんなことに陥ったでしょうか?

したい仕事がわからないため、転職先探しに多くの時間がかかりました。「いいな」と思った会社の面接を受けても、面接官に自分の気持ちが伝わらないといった失敗がたくさんありました。

また転職しても「長続きしない」という状況にも、はまりました。人として魅力がなかったのです。

それでまず、未経験の仕事であっても、以下のことを書き出しましょう。

  • 長年働いてきたゆえに得た経験
  • 転職する理由
  • 転職先で役立たせられる自分の強み

これらを、私たち自身が理解しておきましょう。整理が大切です。

私と同じように失敗しませんように。

まとめ

この記事を読んで次の質問の答えがわかりましたね。

  • 未経験の業種に転職することができるか

できます!成功することが可能なのです!

まず「これまでの努力や工夫、経験」といったことを、まとめましょう。書き出してみるのです。

自分のことを整理してから、多くの転職サービスを利用します。次の仕事に役立つ資格がなくても、行動しましょう。あきらめずに転職先探しをするなら、あなたも満足のいく職場に出会うことができます。

「自分」というものがよくわからない場合、何を使うのが良いですか?「転職エージェント」を利用するという方法です。決して裏技でも何でもありません。プロの助けを得る「賢い」方法です。



マイナビエージェント

コメント