転職理由!失敗せず好印象を与えるためのコツ3選!

転職先の候補が見つかりました。面接などで「転職理由」を話さなければなりません。どうしたら好印象を面接官に持ってもらうことができるでしょうか?

転職理由はどうしてもネガティブになりがち

転職サイトや転職エージェントを使って、入りたい働きたい会社が見つかりました。

でも、どうしたら面接で合格できるでしょうか?その一つに「転職理由」があります。

転職理由がプラスにもなれば、マイナスにもなります。消極的な面を理由に他の仕事に就くわけですが、どのように伝えるか、何を話すかで結果は大きく異なります。

その理由が原因で、「この人は私の会社で価値ある仕事をしてくれない」と思われる可能性があるからです。転職へと進むために、面接で話したり、履歴書に書いたりしますね。

では、自分への高評価を持ってもらうための「転職理由」は、どうしたら伝えられるのでしょうか?

正直に伝え過ぎても良くありませんし、嘘をつくのはもっと良くありません。難しいところですね。

私自身、これまで何度か転職してきました。その際に、当然聞かれる転職理由と志望動機。これは、いつも頭を悩ませてきました。でもそれをまとめてみました!あなたにもぜひ、活用してもらいたいです。

私は専門家ではありませんが、これからお伝えする方法を実践すれば、希望の企業に転職ができます。

転職理由をどのように伝えたら良いか、秘訣を「3つ」伝授します。これを1つずつ当てはめていくと、どんなメリットがあるでしょうか?

自分に関して自信を持つことができます。ネガティブになりがちな「転職理由」が、相手方に良い印象を持ってもらえる理由となります。当然ながら、転職を成功させることができるのです!

では見ていきましょう!転職理由に関して気をつけるべき点、また当てはめるべき秘訣は、次の3つです。

  1. 相手側は転職理由で何を知りたいのか理解する
  2. 転職理由を他の言葉に言い換える
  3. 転職理由と志望動機を併せて伝える



マイナビエージェント

好印象を持ってもらえる転職理由へ!コツ3選

①相手方が転職理由から何を知りたいのか理解する

転職理由。

これで、「人となり」がよくわかります。「勤勉な人なのか?少しのストレスで仕事を放棄する人なのか?」がわかってしまうのです。

あなたが従業員を求めている会社の人だとします。どんな人を従業員として雇いたいですか?不満をたくさん言って、数日でやめてしまう人でしょうか?

そんな事はありませんね。

長く自分のところで働いて、会社にとっても、本人にとっても、価値のあることをしてほしいと願いますね。

転職理由が山のようにあると、どんなメッセージを伝えていることになるのでしょうか?本人自身が何も改善せず、「会社が悪い・給料が安い・上司は自分に優しくない」といった何でも「他の人に責任を押し付ける人」かどうかを表します。

それで転職理由は話しますが、「どのように伝えるか何を伝えるか」ということはとても重要です。ですから、この記事で考えるように「転職理由」をプラスにもっていくよう努力しなければなりません。

②転職理由を他の言葉に言い換える

  • 給料が安い
  • 会社の待遇が悪い
  • 労働時間が長い
  • 上司が嫌い

これらすべては、転職をしたいと思う理由になるかもしれません。でもこれらだけを伝えると、相手は「この人に働いてほしくない」と思うようになります。自分の希望を完璧に満たしてくれる企業などありません。

もちろん、これらが転職理由だとしても、「他の言葉に言い換える」なら転職を成功させるためのプラスになってきます。どのように他の言葉に変換できますか?

例えば「給料が安い」ということを、どんな風に言うことができるでしょうか?

自分がこれまでしてきた仕事と割に合わないと言えますね。それで会社に、自分がこれまでしてきたことや実績を高く評価してほしい、そのような企業で働きたいと伝えることができますね。

転職先の面接官は、「この人は現在も切磋琢磨する従業員なんだ」というメッセージを受け取ることができます。これは転職を成功させるためにプラスとなりますね。

仕事がつまらない」の場合は、どうでしょうか?

今までの働きから多くのことを学んだので、それを生かして、あなたの会社でさらなるステップアップをしたいと言えるでしょう。あなたの企業のこんな点が素晴らしいと思い、その場所で自分も良い働きがしたいという熱意を表せるでしょう。

転職理由を言い換えてみることを、2つだけ見てみました。転職の理由を書き出して、それをプラスにもっていくために「他の言葉に言い換える」というのは良いことです。正直でも、転職先に良い印象を持ってもらえるようにしたいですね。

③転職理由と志望動機を合わせて話す

転職理由と志望動機は異なりますね。

でも、2つを繋ぎ合わせることができます。

自分は怠け者ではなく「キャリアアップしたい、スキルアップしたい」と思っています。「自分の経験をあなたの会社で発揮したい」ということを伝えることができます。

例えば、どのように転職理由と志望動機を関連させることができるでしょうか?次の5つの点を順に話せます。

  1. これまでの仕事への自分の願い
  2. 以前の会社の状況
  3. 努力してきたが達成できなかったこと
  4. 今まで身に付けてきたスキル
  5. そのスキルをあなたの会社のこの部門で発揮したい

このように、転職理由から志望動機をリンクさせることができます。

  • どこでも良い
  • 働ければあなたの所じゃなくても良い

こんなメッセージを伝えたくありません。

薄っぺらな転職理由や志望動機では、自分の魅力を十分に伝えることができません。できる限り「具体的に」転職理由と志望動機をまとめましょう。抽象的では、マイナスポイントを稼ぐだけです。

それで転職先での面接を受ける前に、以下の点をまとめましょう。

  • 自分自身がこれまで会社でどんな経験を積んできたか
  • 自分にはどんなプラスのポイントがあるか
  • 努力してきたけどどんな不満があったか
  • この職場でどんな貢献ができるか

これらを書き出しましょう。

想像してみてください!ご紹介した3ステップを踏んでいくと、自分に対して自信が持てると思いませんか?また相手方に自分への好印象を持ってもらえるのではないでしょうか?

簡単に辞める人、再び転職してしまう人、信頼にかける人ではなく、「ぜひ私のところで働いてしてほしい」というメッセージを伝えましょう。

注意して!転職理由でし過ぎてはいけないこと2点

注意点も見てみましょう。2つあります。

1つは、「転職によって変化はしない問題点は伝えない」ということです。

例えば、ある職業はどうしても環境の改善が難しいかもしれません。多くの人が朝から晩まで働かざるを得ない職業の場合、「半日しか働きたくありません」といったことを伝えると、「この人は無理だ」と思われることでしょう。

給料の面でも平均的な収入の何倍も求めてしまうと、それも当然、改善されませんね。転職を有利に進めることができないので、自分をコントロールしましょう。

2つは、何でしょうか?

転職理由は短い言葉で、端的に伝える」ようにしましょう。

ダラダラと長く、しかも転職理由が多すぎると、消極的な面だけが強調されてしまいます。転職理由は2つほどで十分でしょう。むしろ以前の経験を元に、ここでどんな働きがしたいのか、熱意を込めて伝えましょう。

まとめ

キャリアアップしたい!

転職理由は様々ですが、不満だけが原因となっていると、「また転職する」という良くないサイクルにはまってしまいます。

むしろ「キャリアアップ」「ステップアップ」の方が、自分にとってもプラスとなります。充実したワークスタイルをもたらしますね。

もっとレベルの高い仕事を求めているゆえに」転職したいんだ、という気持ちを固めましょう。

このままではできないこと、転職すればすぐに発揮できることを、熱意と正直さをもって話しましょう。このためには「良い準備」が欠かせませんね。

あなたは30代でこれまでリーダーシップなどを身につけてきたことでしょう。自分の強みや弱みも理解し始めたことでしょう。

これら自分の良い点や悪い点も分析しつつ、自信を持って自分のことを面接の際に伝えるべきです。「転職理由」も同様ですね!

ご紹介した方法を一つずつ当てはめて、転職先にも面接官にも、自分に対する良い印象を与えて、入社へと進みましょう!



マイナビAGENT

DODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!

コメント