成功する転職へ!ハローワークを使った履歴書の志望動機の書き方は?

転職を成功させたい!でも、履歴書の「志望動機」が書けない。ハローワークを使うにせよ、どうしたら心を動かす「志望動機」を書ける?5回も転職した私が秘訣を紹介!

現職に不満あり!でも転職第一歩の志望動機がかけない!

ハローワークであれ、転職サイトを利用するであれ、転職を成功させたいですね。

でも転職経験がないため、「履歴書の志望動機」に何を書いたら良いかわからないかもしれません。

わかります、その気持ち!わたしも転職を自分の力で行おうとして、無駄に時間と体力を使ってきたので、大変苦労しました。

あなたの助けとなるように、今日は「転職のプロ」を呼びました!彼の話を聞きながら、プロセスを進めていきましょう。

 

今日はよろしくお願いいたします。志望動機をどのように書いたらわからないのです。いつもありきたりになってしまって。

 

転職のプロ

こちらこそ、よろしく。「ありきたりな志望動機」は一番陥ってはいけないパターンですね。この点を悩む人がたくさんいます。でもご心配なく。あなたにも、企業の心を打つ志望動機が書けますよ。

 

ウッタム

よかったね。今後の参考になるから、メモしておこう。

 

転職のプロ

転職方法といえば、フリーペーパーを見たり、ハローワークを利用したりする人がたくさんいますね。転職が初めてであれば、誰もが不安になります。どうして、志望動機がうまく書けないと思いますか?

 

求人を出している企業の情報が少なすぎて、実際この企業が良いのかどうか、よくわからないことが多いです。

 

転職のプロ

それは難しいですね。転職サイトを使うにせよ、ハローワークを使うにせよ、企業の情報が少ないと何を書いたら良いのか困ります。

 

現職に不満があって転職したいのですが、適当な理由では不可能ですよね。履歴書に志望動機を書こうと思うのですが、手が止まってしまいます。

 

転職のプロ

大丈夫。あなたもハローワークを利用するにせよ、他の方法で転職をするにせよ、スムーズに履歴書の志望動機が書けるようになりますよ。では、志望動機をどんな風にすればスラスラと書けるのか、 3つの方法をご紹介しますね。

 

是非お願いいたします。

 

転職のプロ

一つずつ学んでいけば、転職する際の心の準備ができるだけではありません。安心して入社まで話を進めることもできますよ。

 

ウッタム

やった!前に進んでいこう!志望動機を書くにあたって、ポイントは以下の3つですね。

  1. たくさん書く必要なし
  2. これまでの経験と技術を強調
  3. 転職先の情報を出来る限り得る

 

転職のプロ

これが秘訣です!細かく見ていきましょう!


マイナビエージェント

転職の成功への道!履歴書の志望動機の正しい書き方!

たくさん書く必要なし①

 

転職のプロ

まず履歴書を見てください。志望動機の欄はどのくらいのサイズですか?

 

比較的狭いですね。

 

転職のプロ

そう、あれもこれもと書くことができません。ごちゃごちゃした志望動機の場合、企業側も「この人は何を考えているのか」「何を希望しているのか」わかりません。志望動機が曖昧なのに、小さい字で山のように書かれていると、どんな印象を与えてしまうでしょうか?

 

企業は私たちに対して、魅力的な印象を受けません。何よりも志望動機が読みにくいですし。

 

転職のプロ

だから、志望動機を書く際に、肩の力を抜いて、「簡潔に」「はっきりと」書くことを目標にしましょう。

 

ウッタム

どんなことでも、短い言葉で伝えたいメッセージをはっきりと伝えることは重要ですね。

 

転職のプロ

志望動機の欄を「企業」は重要視します。しかし、むしろ「学歴や職歴」を見ることでしょう。なぜですか?2つ目の方法でご紹介しますね。

 

自分の経験と技術を強調②

 

転職のプロ

ハローワークであれ他の方法を使ってであれ、企業情報が少ないにもかかわらず、魅力的に感じる会社があるかもしれません。

 

あります!規模が大きくて、安心できる待遇を用意していたり、職場までの通勤が楽だったりして「この会社がいいな」と思うのです。とはいえ、企業情報が少ないと「この会社をどうして選んだのか」書きにくいです。

 

転職のプロ

たくさん調べましたか?

 

できる限り行ったつもりです。でも、限界があって。こんな場合は、どのように志望動機を書けば良いでしょうか?

 

転職のプロ

今までの自分の経験やできることを強調しましょう。誇張する必要はありません、正直に「自分の強みが相手企業にどんなメリットをもたらすのか」を書くのです。例えば、以下のように書けるかもしれませんね。

「私はこれまで~の職種で~年会社に働いてきました。そこでは、~の技術を磨くことができました。しかし、さらなるステップアップと考えて、~な条件の仕事を探していると、御社の情報を見つけました。ここなら、今まで自分が身に付けてきた技術を生かせると思ったので、応募しました。」
転職のプロ

いかがですか?企業情報が少なくても、こんな風に「自分の強み・スキル」を伝えることができますね。自分に自信を持ちましょう。

 

ウッタム

いいですね。自分の経歴や強みを整理する助けにもなりそうです。

 

転職先の情報を出来る限り得る③

 

転職のプロ

志望動機に何を書くか、これを理解するために「企業側の気持ち」になってみましょう。

 

どういう意味ですか?

 

転職のプロ

あなたが転職希望者を「受け入れる側」の場合、どんな人に自分の会社で働いて欲しいと思いますか?

 

価値ある会社から「何としてでも、ここで働きたい」と願う人材を入れたいですね。30歳だったり、スキルを大して持っていなかったりする人でも、入社してほしいと思うものです。

 

転職のプロ

そうですね。自社に強い関心を示し長く務めてくれそうな人を雇いたいですね。

 

でも、企業情報が少なすぎて、どんなことを志望動機に書いたら良いのか、手が止まってしまうのですが、こんな場合、どうしたら良いでしょうか?

 

転職のプロ

申し込む会社について、できるだけたくさんの情報が得られるものに申し込むのが賢い方法です。会社の情報がたくさんあればあるほど、「こんな点が魅力的」「あんな点がいいな」というものを発見することができます。逆に、薄っぺらい情報の下、ある会社に転職しようとすると、どうなりますか?

 

転職する本人は、後で後悔することになります。「こんなはずはなかった」と。

 

転職のプロ

残念な結果しか想像できませんね。それで、何千何万とある会社の中から、ここを選んだ理由をはっきりと書きましょう。

 

ウッタム

会社の情報をできるだけ得て、そこから「どこが魅力的なのかなぜ自分にぴったりだと思うのか」知ることは大切ですね。

 

志望動機を書く際に注意すること

 

転職のプロ

最後に、志望動機を書く際に注意することもお話ししておきますね。

 

お願いします。

 

転職のプロ

今の会社に不満があって早く転職したいという気持ちに駆られるかもしれません。でも、この志望動機を書く際に、手抜きしてはなりません

 

どういうことですか?

 

転職のプロ

ダメな例として、他の会社にも書いた志望動機を次の企業への履歴書にも書く人がいるのです。志望動機の使い回しは、決してやってはいけません。もし前回応募した企業と同じような志望動機を次の会社にも書いてしまうと、どんなメッセージを相手側に伝えることになりますか?

 

「どこでも良い・御社にメリットがあるから応募するのではない」といった消極的なものしか与えられません。

 

転職のプロ

本当にそうですね。実は、志望動機がうまく書けない理由が2つあります。

  1. 転職を希望する会社の情報が少ない
  2. 志望動機を浅く考えている

 

転職のプロ

転職希望先の情報収集を綿密に行い、志望動機を簡潔に書きましょう。これが、転職した後に後悔しないための大切な方法です。

まとめ

転職を希望し、「応募動機をどんなふうに書いたら良いのか」迷っているあなたに役立つ情報ご紹介できましたね。

まず志望動機を簡潔に、しかも生き生きとした形で書くには、「応募先の会社をよく調べる」ことです。

御社のどこに興味を持ったのかを、具体的に説明できるようにしましょう。

ハローワークなどに掲載された会社の情報があまり多くないかもしれません。ですからホームページなどを調べるとか、直接その会社に尋ねてみるなどして、情報を増やしましょう。

会社の経営理念とか、その会社がやっている興味ある点を志望動機に書くのです。

1つの方法ですが、転職先の情報をできるだけ得るために、エージェントの助けを得るというものがあります。転職エージェントに登録すると紹介サポートを得られます。

この会社に応募しようかどうしようか迷っている時に、助けとなるアドバイスをもらえます。

ぜひ履歴書の志望動機が企業側の心をとらえるものを書けるようにして、転職を成功させましょう!


マイナビエージェント

◾️関連記事

転職初心者に告ぐ!転職サイトと転職エージェントの違い!

コメント