【本当のフリーランスとなるために】チャレンジしつつスキルを習得!

東洋経済の記事を読んで、感じたことがあったので執筆しました。「フリーランス」と言う人が増えていくので、考えるべきですね。

チャレンジし続けるのは素晴らしい

 

どうもウッタム(@PWuttamです。

フリーランスが増えていく中で、「自力で生きていく」「お金の流れるところで活動する」ことは大事ですね。

ブルーオーシャンかレッドオーシャンで活動するかで、「稼げるかor稼げないか」が決まっていきます。

東洋経済オンラインの記事が気になり、今日はツイートした内容に基づいてコメントします。

僕の主張からすると「チャレンジし続けよう」が結論です。

やってみないとわからないですし、そこからの学びも多いです。

とはいえ、出費を抑えつつ、淡々とこなさないと「赤字続き」で精神的に病んでしまうかも。

起業していきなり稼ぐのは難しい

 

まずこの記事の主人公は、パワーをつぎ込んで頑張っています。

「成功すると良いですね」と客観的に思いますが、考えるべきこともあるかと。

スモールビジネスで頑張っているところは、良いと思います。

立ち上げに費用がかかるものは、失敗したときのダメージが大きすぎます。

 

実店舗で食べ物屋をやるとか…

素晴らしいと思いますが、大変ですね。

僕も実店舗でカフェをやった経験がありますが、大儲けはしない割に、大変だと感じました。

好きなことなので「楽しい」ことは間違いありませんが、色々な意味で辛い…

 

ブログで食べていくためのお金を稼ぐには、「淡々とまた改善しながらサイト運営をする」ことが重要です。

続けられない人が多いので、継続あるのみです。

でも続けたからといって、たくさん稼げるわけではありません。

良いものを作り続けないといけないからです。

 

この現実から、個人事業主として「サイト運営」をしたら稼げる、という確証はありません。

どんなビジネスも同じですね。

 

「チャレンジはしよう!でもリスクも減らす努力もする!」です。

 

チャレンジ前にできること

まずは「軽く始めてみること」です。

プログラミングにせよ、ブログにせよ、触ってみる。

スタートしてみて、「楽しいか」「苦か」味わってみましょう。

まずはやってみないと、何とも言えません。

 

フルコミットする前に、「土台」を据えておくのは賢いですね。

貯金を100万円貯めてから新しいことにチャレンジしたり、本業を残しつつ副業でやりたいことを始めたりするのは良いですね。

これなら精神的に楽です。

 

まとめ

 

結論として、「やりたいこと」つまり「夢」ができたら、以下のことを取り組んでみましょう。

  • チャレンジする
  • 取り組みつつ新しいスキルを身につける

僕も現在「お金が入る状態」をキープしつつ、ブログを書いたり、プログラミングをしたりしています。

到達したいゴールは「プロエンジニア」です。

そのために独学しながら、就職したいと思っています。

やはり現場経験があるかないか、世の中の見方は異なりますよね。

 

ぜひ皆さんも夢を持ちつつ、達成のために「チャレンジ」していきましょう。

取り組みつつ、その分野の「スキル」を身につければ、やめたとしても自分は成長していますよ。

 

コメント