何に悩んでいるの?A4のメモにたくさん書こう!

頭の中がこんがらがっていると、何もできませんね。「したいこと・しないといけないこと」があるのに、前へ進めないのです。頭の中を整理して、即決定ができるように誰もがなりたいと思っています。そのために「A4の紙」を使ってたくさん書くならできます!その方法を1つずつご紹介しますね。

頭の中にあることをA4に書き出す

 

「A4の紙に書く」理由について、まとめましょう。ガジェットなどにではなく、紙に「悩んでいること・心配なこと」を手止めずに書き出します。そうすると「今何をすべきか・どんなことが問題になっているのか」が、すべて分かります。紙に目的は「まず何にどのように取り掛かるか」をはっきりさせることです。

何を書きますか?とりわけ「疑問や不安となっている点」です。

  • 生活
  • 会社
  • 事業

こららの中で、どんなことが問題となっているでしょうか?今すぐ何を解決すべきでしょうか?何かのアクションをとるために、引っかかっていることを全てきましょう。

書くことを恥ずかしく思いますか?そんな心配は不要です!あなただけのプライベートなことだからです。悩みを頭の中だけで整理しようとしてはなりません。それでは、問題がなくなりません。むしろ、実際よりも心配事が大きく感じるようになります。親しい友人や先輩に話す気持ちで書きましょう。

次の部分では、さらにA4の紙に悩みや問題を書き出す「実際的」な方法についてご紹介します。

用意するものは、まず「A4の紙」です。何にも使っていない紙でなくて、大丈夫です。仕事で利用した裏紙でokです。A4の紙がオススメである理由は、何ですか?それは、心置きなく書き殴れることです。書く自分が理解できるほどの字で良いので、手を止めずに書きます。

A4の紙が良い、というポイントだけでなく、他にもあります。それは、何ですか?

  • 1枚の紙に1つの分野だけ書く

会社のことであれば、それに関係することだけを書きます。副業のことであれば、副業のことを一枚の紙に書きます。様々な事をミックスして書くと、頭がスッキリしません。「書いた」という達成感はあるかもしれませんが、問題を整理できません。2つ目のポイントは、何ですか?

  • 書くための時間制限を設ける

時間を決めて行いましょう。「1分以内」がオススメです。時間を決めて、さっと書くなら集中してできます。

何をどれだけ書く?

「何をどれだけ」書けば良いでしょうか?まず書くテーマを決めます。気になる点を、10つぐらいで良いので書き出します。

  • 仕事
  • 副業
  • 家庭
  • 娯楽
  • お金
  • 健康
  • 子ども

仕事は、取り組んでいるプロジェクトごとに分けられますね。1トピックにおいて、心配なことや対処したいことがいくつかあるでしょう。1分以内に4〜6つほど書けます。それを、「20文字から30文字以内」にまとめるのが良いです。見やすくなるので、後で見返す際に楽です。

毎日書いていくと、「何が問題なのか・どのように対処したら良いか」がわかってきます。「昨日もこれを書いた」と思っても、書きます。毎日続けていくとカテゴリーごとに分類できるでしょう。保管していきましょう。一つのカテゴリーに7から10個ほどが、ちょうどいいですね。

騙されたと思って、ぜひ取り組んでください!「早く知って、取り組んでおけばよかった」と思うことでしょう。

まとめ

A4のメモ書きを毎日続けると、どのような益があるでしょうか?毎日気になる疑問や不安を書いていくので、心の中にあるモヤモヤがなくなっていきます。また分析力が高まります。

  • 今どうしてこんな問題があるのか
  • どうしたら解決できるのか

これらがわかるので、実際にはあまり不安に思う必要のない分野に関しても、わかってくるようになります。1番良いこととして、問題を大きくせず、小さいうちに解決できるようになります。早い決断ができるようになるのです。

不満に思ってることや悩みとなっていることを、頭の中に置いておいては、問題解決にはなりません。無駄に疲れるだけです。「後で」ではなく、「今すぐ」にしましょう。朝や夜など、一日の中で時間を取り分けましょう。

あなたも仕事ができる人に一歩近づけます!

コメント