「行動ファイナンス」から学ぶ!投資家になって労働から卒業するため!

株価の上昇に心を揺さぶられ、株式投資をしようと考えていますか?ちょっと待って!冷静に行動しましょう。その理由が「人間心理」からわかります。

株に手を出す?すぐに行動すべき?

株価の上昇が激しいです。

2017年11月、日経平均株価が一時、2万3千円に達しました。これは、26年ぶりに達成した数字です。

これを見て、以下の気持ちになりましたか?

  • 今すぐ株式投資をしないと!
  • 今はチャンスだ!

株式投資を「始める・トライする」こと考えているなら、少し冷静に考えてください!人の心理からわかる、「株が与える影響」を軽視してはなりません。

私がオススメするのは、私たちの日常の生活に影響を与えない、でも確実に資産を増やしていける、最近話題の「ロボアドバイザー」を使った「ウェルスナビ」です。

その理由を「行動ファイナンス」からご説明します!



ウェルスナビ

株を売買することによる人への影響

株を売ったり買ったりしている人を、知っていますか?あなたの家族や親友の中にいるかもしれません。

実際、株を売買することが、多くの場合「人にどのような影響を与える」のでしょうか?

一言で言うと「人を疲弊」させます。

どうしてそのように言えるのでしょうか?

株で儲けたいと思う人は、どのような行動をとるでしょう?流れで見てみましょう。

  • 株価が気になる
  • 安い時に買い増し
  • 値段が高くなってから売る

「株価が高くなった時点」で売りたいので、当然「待つ」という行動が必要です。買った時よりも高く売ることができるので、利益が発生します。

ところで、これがどうして人の心身を疲れさせるのでしょうか?

株価が上昇するのを待っていたにもかかわらず、買った時よりも「さらに値段が下がっていく」のを見ると、どのように感じますか?

ショックで立ち上がれないかもしれません。

株は資産です。損するということは、それが減っていくことを意味します。こんな状況に置かれると、あなたの口から「このような言葉」が出るでしょう。

  • 待たずに売ればよかった
  • 少し値段が高くなった時点で売っておけばよかった
  • 早く行動すればよかった

このように後悔することでしょう。

これが人間の心理です。これを理解するために「行動ファイナンス」という行動経済学に関係することを考えていましょう。

行動ファイナンスとは?ここから学べること

行動ファイナンス」を理解するために、例えで考えてみましょう。

自分の持つ資産の価値が「10万円増える」のと、逆に「10万円損する」のと、どちらが強い影響を受けるでしょうか?

答えは「10万円損する」方が、与える影響が大きいです。

もちろん、持っている物の価値が上がるとうれしく思うものです。逆に10万円減ると、喜びの何倍もの苦しみが襲ってきます。後悔の念ゆえに、疲弊します。

ここから、人間の心理について、どんなことがわかるでしょうか?

人は「得をする」以上に「損したくない」という気持ちが強いことがわかります。絶対に損したくないと思うものです。

まとめ

株式投資を考えている読者に役立つ情報を理解できましたね。

株を買って後で売ることが、どのような結果になるか、わかりました。株式投資は大きな利益を出すこともできれば、「大きな損を生み出す」可能性のあるものでもあります。

ギャンブルですね。

株式投資は、常に株価をチェックしなければならないので、他のことができないことでしょう。投資を始めて大損をすることにもなりかねません。

むしろ、私がオススメする「ロボアド」の「ウェルスナビ」が良いです!

これはロボット自動で価値のある株価を買ってくれて、その価値が少しずつ上がったところで取引をしてくれます。パソコンにへばり付く必要がありません。毎月コツコツと投資するだけです。株価情報を調べずに済みます。

他の人にサービスを提供する際にも「行動ファイナンス」理論が役に立ちます。お客さんがこの商品を買って「損はしない」「メリットがある」と確信できるよう準備して提供するなら、利用してくれます。

このように、ビジネスを成功するため「人の心理」を理解する重要ですね!


ウェルスナビ

関連記事:

コメント