【お金はいらない】ミニマムで生きる!

結論から言うと「お金で幸せは買えない」です。アジアで月に3万円以下にて生きる私が理由をお伝えしますね。

お金や物に縛られない!心と体に自由を!

 

どうもウッタムです。

突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?

他の人が最新のガジェットや快適な住まい、高級車を持っていると羨ましく感じますか?

 

今は若者が昔のように頑張ってもお金を十分に稼げない時代ですね。

僕もその波に飲み込まれながら生活しています。

 

とはいえ、今の僕は「大変満足」しています。

たくさんの物に囲まれていませんし、貯金額も少ないです。

それでも快適な生活をしているのです。

 

どうしてなのか、秘訣を含めてご紹介しますね。

 

資本主義の世界に飲み込まれたり、縛られたりせず、ミニマムに生きていくための方法を見てみましょう。

 

①物欲に終わりはない

 

まず最初に物欲は、生きていく上で「邪魔」な物になりがちです。

たくさんの物を手に入れようと働いても、限界があります。

結局のところ、買う物を厳選しなければなりません。

満足することは決してありません。

 

新しい物が常に生まれてくる

 

常に良いもの、便利な商品が世に誕生するのはワクワクします。

でも、何から何までゲットしようと奮闘すると、いろいろなものが崩れてきます。

 

例えば家族や自分の健康を崩してまでも働くと、生活バランスが壊れて、人生の満足度が下がります。

 

生活に必要な「良い物」を長く、大事に使った方が何と良いことでしょう。

新しい物を買っても、数ヶ月や数年で古くなり、その価値(値段も含む)が下がります。

「購入した当時はあんなに高かったのに!」と残念な気持ちにしかなりません。

 

たくさん稼いでも出費は増えていくばかり

 

物欲に限度はなく、「買えるまで頑張る!買えなくても借金して購入する!」という気持ちにさせます。

 

今は年収500万円だけど、年収1,000万円になれば、もしくはそれ以上なら心配なく生活できますか?

いいえ、現実は異なります。

 

「たくさん稼いだから、もっと大きな家に引っ越そう。便利な場所に住まいを整えよう。新しい商品を購入しよう」となります。

つまり収入が上がっても、出費は上がり、結局貯金はあまりできず、稼ぐしか手段はなくなります。

物欲に自分を委ねた人生は、一生抜け出せない「ラットレース」と同じですね。

 

欲しい物ではなく必要な物を所有する

 

生活のために、物は必要です。

魅力的な商品が数え切れないほど市場に溢れているので、欲求に負けそうですね。

それでも「あれがほしい、これがほしい」という気持ちを持ち続けると、疲弊します。

 

ですから、終わりのない物欲に支配されるのではなく、コントロールしましょう。

欲しいものには限りがありませんが、必要な物は数少ないですね。

物が最小限なら管理やメンテナンスが楽になり、やりたいことに時間と体力を注げます。

僕も定期的に物の整理をして、メインの作業に注力できています。

 

②日本を出ると見方が変わる

 

私は「お金や物が生活の最優先ではない!」と確信できる経験を、海外でできています。

日本にいると「〜が持っているから」とか「〜がないと不便」、「〜を持ってないと他の人の目が気になる」みたいな気持ちになりませんか?

私は毎日、感じていました…(考えすぎかもしれませんが)。

 

でも日本を出てみると、物がたくさんないのに、ニコニコしている純粋な人々に会えます。

変な人もいますが、人懐っこくて優しい方々にたくさん出会えます。

最新のスマホは不要で、毎日不便ない生活ができます。

 

東南アジアとか物価が安くていい

 

世界には月に20万円では生活が厳しいところがある、と聞きます(すみません、10年前ですが僕は東京で月15万円で生活し、貯金もしてました)。

 

2019年末は消費税10%になり、出費が増えるのでお金のコントロールをしないといけません。

場所にもよりますが、日本での生活は楽ではありません。

でも一度海外、とりわけ東南アジアなら月に5万円で十分便利な生活ができます。

ビサの問題が出ますが、何ヶ月かなら容易です。

 

日本のパスポート、ありがとう。

 

タイなどで5万円以下の生活

 

マナブさんをご存知の方は多いでしょう。

ハイペースで稼いでいるにもかかわらず、物欲が少なく、少ない出費で淡々と積み重ねておられる方です。

彼のようにどれだけ収入が上がっても、生活水準の変化が少ないと、状況がどんなことになっても対応できます。

 

例えば、事業に失敗しても、これまで稼いできたお金で十分生活していけます。

出費が最小限で荷物が少ないと、いろいろなことにチャレンジできますね。

身軽って最強!

 

私自身も日本を出て、3万円以下で生活していますが、出費が少ないのはいいです。

ガツガツと稼ぐ必要がありませんので、心に余裕が生まれます。

これは大変魅力的だと思いませんか?

 

【まとめ】お金に縛られない生き方!

「お金が全てではない」ということを強調しつつ、日本を数年でも出てみると、人生が変わることを、この記事で説明させていただきました。

参考になりましたか?

 

物やお金に縛られず、身軽に生きていきましょう。

そうすれば、心に余裕ができるだけでなく、新しいことに躊躇することなく、チャレンジできます。

ミニマムな生活はいいですよ。

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!

コメント