見聞きするだけではダメ!考える力を培って益を得る!

考えて」賢くなるということは一層必要になっています。ロボットのように働いては、近い将来、人工知能(AI)に仕事を奪われます。人間だけができる作業をするには、物事を考える能力が必要です。

情報過多の時代に考える能力を

いきなりですが、身の回りの状況をゆっくりと考えてみてください。

スマホやテレビから、ニュースが流れてきます。限りがありません。TwitterやFacebookからは、友人からのメッセージや気になったニュース情報が投稿されています。

 

結局のところ、聞いたニュースを「いいね」したり、「リツイート」したりしても、そこから私たちは益を得ることができません。

考える能力を使っていないからです。

 

どんな情報を得るのか、単なる出来事でも「教訓を学ぶなら」、賢くなれます。

聞いた情報を、そのまま受け入れてはなりません。

「これは本当なのだろうか」「ここからどんなことが学べるのだろうか」「この情報から将来どんな風に変わっていくのだろうか」考えましょう。

 

考える習慣があるかないかで、「賢くなるか」それとも「愚か者になるか」、2つに1つです。

その理由をご紹介します。

 

読めばいいのではない。考えて!活用して!

情報をたくさん吸収することが悪いわけではありません。しかし、ただ読めば良いわけではありません。インプットだけになるからです。もしくは取り入れているだけで終わってしまうかも。

速読や流し読みだけでは、頭でっかちになるだけです。

 

ある記事を読むために、文字を目で追うことでしょう。でもそれだけでは何も変わりません。

情報を「頭の中で整理」しましょう。「自分の言葉に言い直し」ましょう。

 

読んだこと聞いたことを、一つ一つ考えるだけで変わってきます。

どんな風に考える習慣を身につけられますか?

 

私がいつも意識していることは、読んだことを以下の質問で答えられるか考えます。

  • いつ
  • どこで
  • 誰が
  • 何を
  • どのように
  • なぜ

 

思いの外、難しいかもしれません。でも、これだけで深く考えられるようになります。頭の中だけで思い浮かべるよりも、「紙に書く」とスッキリしますよ。

 

 

スマホの使い方!使われるではない!便利なツールとする!

スマホが、いつでもどこでもすぐに使える状況。

便利な時代になりました。しかし、スマートフォンゆえに「考える能力が退化」してるかもしれません。

スマホですぐさまアプリケーションを使って、いろいろなニュースを得られます。Google Chromeを使って瞬時に知りたい情報を入手できます。

 

とりわけニュースアプリの使い方には、注意しましょう。「使ってはいけない」という意味ではありません。

でも「知っている」というだけで終わらせないようにしましょう。

むしろ情報を利用する」のです。

 

オススメしたいことは、「できるだけスマホの使い方をコントロールする」です。スマホの使用を減らすのが賢いです。

スマートフォンが、私たちの生活を大きく変えました。良くも悪くも影響を与えています。むしろ、スマホを使いすぎているのではないか、と思います。

Twitterを24時間使う「ツイ廃」と化している人もいます。

 

予定やタスクをスマホにたくさん詰めて、「iPhoneなしには生きられない」人がたくさんいるかもしれません。注意しないとスマホに縛られた「薄ペラ」な人間になってしまいます。

 

むしろその使い方を制限しましょう。

便利なツールとするのです。

 

考えたことを形にする「生産機」にするのです。

スマホで「ゲームをしてはいけない」という意味ではありません。逆にスマホを使って、新しいサービスを作ったり、良い商品を作ったりする道具にしましょう。

疲れている時には考えられない!

「いろいろなことを考える」というのは、疲れてる時にはできません。

だからこそ、疲れていない朝などに考え事をするのが、オススメ!

 

「仕事が終わって家に帰り、テレビをつける」というルーティーンがありませんか?

あっという間に1時間2時間が過ぎてゆきます。簡単に時間が消費されます。

でもテレビを見たけど、結局頭を使っていなくて、一方的に入ってくる情報に自分を形作られているのではないでしょうか?考える能力を奪われています。

 

不要な商品が「欲しい!ないと生きていけない!」と思わされます。CMが与える影響を軽視してはなりません。

広告に惑わされずに、賢く生きるにはどうしたら良いでしょうか?

 

当然、自分で考えて判断する能力を伸ばすことです。

そのためには、何かを考えたりアイディアを出したりする時は、「フレッシュな時」「疲れていない時」にしましょう!

できれば考え事をする際には、スマートフォンをOFFにするのがいいですね。

 

静かで疲れていない時に考え事をすると、いいアイディアが出てくることが多いです。

椅子に座っているだけでなくて、外に出かけて行きましょう。散歩するとひらめきがあったり、頭の中にあることを整理できたりします。

 

それで、「朝活」を勧める人が多いのですね。

 

学んだことを誰かに話すと記憶に残る!

記憶に残るようにするには、学んだことを誰かに話す」というのが良い方法です。

 

「人に教える」ということは、自分がまず、よく理解していなければなりません。よく調べ、それを簡単な言葉で説明できる必要があります。

「調べて・まとめて・話す」というたくさんの行程を踏むので、一層記憶に残り、聞いたことや学んだことを、活用する機会を得ます。

 

ブログで学んだことを配信するのもその一つです。書いていないなら、ぜひチャレンジしてみてください。

 

「ブログを1人で黙々と書けない」という人でも大丈夫。「ブロガーズギルド」という楽しいコミュニティーがあります。これを利用してみるのもいいですよ。

まとめ

情報を得るだけの作業で終わらせてはいけません。今得るべき情報は何か、このニュースから何がわかるか、自分なりに考えてみてください。

 

仕事にやりがいを感じ、人工知能(AI)を利用する側になりましょう。

ロボットをコントロールする「マネージメント」する立場になるのです。人間性、社会性は人にしかありません。優しさや気遣いも私たちだけができます。

それら自分たちにしかできないことに特出していけば、将来も困りません。その第一歩が「考える」能力です。

 

脳に負荷を与えることは、慣れないときついかもしれません。でも、時間が経てば楽になりますよ。

 

 

ブログするなら、オススメはコレ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



wpXレンタルサーバー



エックスドメイン

コメント