プログラミングは独学できる?「不屈の精神」があれば可能!

あなたはプログラミングを学ぼうとしていますか?その際「独学」か「スクールに入るか」迷っているかも。「独学」を考えているなら、立ち止まった方がいいよ、というお話です。

【残念】かなり精神的に強くないとムリ!

 

独学でプログラミングを学んでいる「ウッタム」@PWuttamです。

 

HTMLとCSSコーディングをコツコツコツ学習し、成長してきました。

しかし独学は障壁が高すぎると言うことを強調したいです。

つまずいてプログラミングから離れてしまうと言う可能性が高いので注意しましょう。

 

 

上記ツイートのように、HTMLとCSSだけで仕事を受注するよりも、さらにJavaScriptやphpも習得した方が、高単価になりますし消耗することを避けられます。

 

とはいえ、学ぶことが多すぎて頭が一杯になってしまうのではないでしょうか?

だからこそ、スクールに入って専属メンターの助けを得て仕事をした方が効率よく作業ができますね。

しかし金銭的な理由や住んでいる場所ゆえにスクールに通えないといった状況もあります。

 

私の場合は海外にいることもあり、将来のことも考え、独学を選びました。

今はドットインストールでCSSの基本を学んでいるのですが、教えられた通りにプログラムが動かず、頭を悩ませている今日この頃です。

学校に通えば、初心者特有の辛さを避けられる可能性が高いです。

「可能性」と言った理由は、やはり学ぶ本人がどれだけ努力をして行くかにプログラマーとして継続できるか、関係してきます。

 

初心者特有の躓きを避けよう!

 

第一に、スクールに入って1点集中するのが良いと思います。

TechAcademy [テックアカデミー]は、オンラインで全て完結します。

実際に学校へ通って教えてもらえるところもあるので、それは好みで選びましょう。

 

助けてくれる人がいる、と言うだけで基礎の基礎を据えていくためのヘルプが得られます。

最初の辛さを乗り越えられれば今後いっそう世の中に必要とされるプログラミング技術を一生使うことができます。

それでも独学をしたい場合

先輩を持つ事は助けになります。

1から10まで彼に助けてもらうと言うわけではありません。

問題にぶつかった時は、まずはググること、質問サイトを利用すること、最後に先輩の助けを得ること。

助けを得る人も与える人も貴重な時間と体力を消費することになるので、最後の最後で助けてもらうのは良い事ですね。

お金を払うなら良い事ですが。

まとめ

独学をする場合、天才じゃない限り、必ず最初は「乗り越えられない」と思える壁にぶつかります。

どんなに大変でも乗り越える、と言う精神的強さがあれば、また親しい友人や先輩がいるなら独学でも成功できます。

私自身独学でドットインストールをしながら「簡単だ」と思えることでも躓いているため、今独学でプログラミングを学ぼうと思っている人の助けになればと。

プログラミングは一つの言語を習得すれば、他の言語もサクサクできるようになると言われているので、良いスタートできるよう、頑張りましょう!

到達したい目標設定も大事だよ!

コメント