続ける?やめる?30代からのプログラミング!

やろうか、続けようか、あなたは迷っていますか?あなたの気持ち、よくわかります!私がその状況にいるからです。では30代になったあなたが、プログラミングを「するか・しないか」後ろから、そっと押してあげましょう!

まずは、これを見て!

 

頭が痛い!プログラミングをする?

プログラミングは、おそらく「若い時からするもの」と思うかもしれません。長年プログラマーとして働いてきた人は、昔からプログラミングをしてきた人でしょう。様々なものを構築してきた人です。

あなたは、これまでプログラミングに触れてこなかったかもしれません。黒い画面に意味のわからない単語が並んでいる画面。見るだけでも、頭が痛くなりそうです。プログラミングをやる価値があるのでしょうか?

学ぶだけで、後に使うことができないのでしょうか?「すぐに身に付くものではない」と聞いています。ですから、「やるか・やらないか」「続けるか・止めるか」は、今決めるべきです。

実際にあなたが仕事としてやっていないのであれば、給料がどのくらいもらえるのか気になることでしょう。実際、月間また年間にどのくらい稼げるのでしょうか?プログラミングを学ぶとしても、どのくらいやれば職業の1つとしてやっていけるのでしょうか?

最も良い学び方はなんですか?これらプログラミング初心者の人にとって知りたい質問を、1つずつご紹介します。この初心者と言うのは、今からプログラミングをしようとしている30代の人、少しだけコピーしながらコードを描いたことのある人を指します。

私自身が励まされた情報ですので、あなたにもご紹介します!

実際プログラミングは学ぶ価値があるの?

プログラマーと言う名前だけでも、かっこいいですよね。たくさん稼ぎそうです。実際のところ、稼げる職業の1つです。経験を積み、新しい技術を学び習得していく人にとっては、終わりがありません。それは給料も比例して行きます。ここで質問があります。

プログラミングは仕事として「使って」初めて益があるのでしょうか?はっきり答えを言います!仕事でなくても、役に立ちます!なぜそう言えるのでしょうか?

まず「思考パターン」が良くなります。ここで言う良いとは、「効率化」ができるようになるのです。例えば、ある表をExcelで作っているとします。初心者や、何も考えていない人であれば、一つ一つ打ち込んでいる事でしょう。

それが1年2年、もしくはそれ以上かもしれません。恥ずかしながら、自分がそうでした。「なんて面倒な作業なんだろう」とつくづく感じていました。

でもプログラミングを学ぶようになって、このちょっとした作業ですが、ストレスを与えることを減らすことができるようになりました。他の言葉で言えば、手作業で一つ一つやっていたことが、自動的にできるようにもなったのです。

これは、無駄を省き最短でしかも楽にできる方法を探すという「思考パターン」ができているからです。効率化を目指す思考パターンになると、どのような利点があるでしょうか?

  1. 楽になる
  2. 時間ができる
  3. お金を稼げる

まず「楽に」なります。ある作業は自動的に行われるからです。考える作業を、他のことに向けることができます。自分自身が行う作業が少なくなれば、何ができますか?「時間」ができますね。空いた時間を他のことに使うことができます。

3つ目の益は、「お金を稼げる」ようになるという点です。仕事をしている量は減っても、達成している仕事は大きいものなのでそれによって、たくさんお金が稼げるようになるのです。お金がたくさん必要のない人もいる事でしょう。

私がその1人です。お金持ちになる必要はありません。むしろお金に縛られない自由な方が、精神的に楽です。例えば日本以外のあまり衣食住の費用がかからない国に住めば、少しの仕事量で生活していく上での必要なお金を稼ぐことができます。

ここまで見て、あなたはプログラミングがやってみる価値があると思われましたか?ただやってみるだけでなく、続けて行こうとも思ったかもしれません。絶対にやって損はありません!

すべての人に励みとなることを言っている、次のビデオを見てください!きっと「プログラミングを習得しないと」と思うに違いありません!

 

30代でも大丈夫?

「歳をとりすぎた」と思っていますか?学生の時代か20代前半の時に取り組めばよかったと、今、後悔しているでしょうか?でも、大丈夫。プログラミングに関して、言えることがあります!それは30代であっても遅すぎる事はありません!

ただの趣味であったでも、本格的であっても心配無用です。本腰を入れて学ぶ価値があります。今まで全く違う職業していた人でもです。私がその1人です。今まで掃除の仕事をしたことがあります。建設業にも携わっていたことがあります。理容師・美容師の仕事もしていました。

はっきり言ってパソコンの前に1日中座っているプログラマーの仕事は、以前の自分から見たら真逆のように見えることでしょう。でも30代でエンジニアに転職しても、大丈夫な時代です!なぜですか?

理由の1つに、年齢を重ねていくことにより身に付けている「知恵」があります。若い頃であれば、無駄に走り続けていたこともあるでしょう。でも年齢とともに、体力が落ちてきます。計画的に物事に取り組む必要があります。

プログラミング学習も、30代になるまでに身に付けた「経験」が役に立ちます。最短距離で、1つずつ学んでいくことができます。年齢がいくつであっても、学ぶ意欲があり、勤勉に働くエンジニアはどこにでも需要があります。

とりわけIT業界は、人手不足です。人が少ないという状況であれば、会社はどうなっていますか?「忙しい」と言う言葉以外にありません。私自身、思うことがあります。

それは、今はプログラミングを学ぶことが、楽な時代といえます。独学でも10分で学べるでしょう。しかも家にいながらです。何か知りたいことがあっても、尋ねることができます。わからないことがあっても、調べ、答えが見つかるまで忍耐強く行っていく能力がつきます。

ですから、若い人だけがプログラミングを学ぶのではありません! 30代になっても遅くはありません。倒れそうになることも、あることでしょう。それでも、取り組み続ける忍耐力があるなら大丈夫。私も楽しく学び続けることができていますよ。



初心者であればこれを学ぼう!

プログラミングといっても、いろいろなものがあります。例えば「ウェブデザイナー」とは何でしょうか?ウェブが関係するプログラマーです。私はプログラミングを知るまでは、ウェブデザイナーがプログラマーであることを知りませんでした!恥ずかしい限りです。

今はそんな間違いはしませんが。プログラミングをやるとしたら、どこから始めると良いのでしょうか?私自身、感じている事ですが「ウェブ系」が良いでしょう。なぜでしょうか?HTMLとCSSという、言語があります。

これらは、自分がやった行動とその結果を容易に確認できます。つまり、「間違ったか・成功したか」を一目で理解できるのです。作った喜びを感じることができます。なぜ失敗したのかにも、気付くことでしょう。

私の友人は、PHPを勧めていました。私自身まだ初心者なので、どれから取り組んで良いのか選んではいませんが、とりあえずHTMLCSSJavaScriptから取り掛かっています!

自分がしたいこととそれに関係する言語を集中的に学ぶとしても、様々な言語の「基本中の基本」は押さえておくことが良いでしょう。今後の足かせにもなりますし、作る感動を味わい続けることができますよ。

プログラミングができるようになるなら、仕事としてお金をもらうことが可能になります。もしかしたら、請け負った仕事があまり使ったことのない言語かもしれません。その際にも、基本を知っていれば、応用として使うことができます。

目標がないと!

プログラミングと言うのは、1つの技術です。プログラマーと言うのは、とっても大きな囲いです。その中には様々な仕事をしている人がいます。一言でプログラマーと、行っている作業を分けることができません。

学ぶスピートをあげていくには、そして挫折せずプログラマーとして生活するには、次のことが決まっている必要があります。それは、何でしょうか?

  • 何をしたいか
  • 何をしなければならないか

目標が決まっていれば、取得率も早いです。なぜなら、学んだことをすぐに使えるからです。実際、あなたは何がしたいですか?何をしなければならないでしょうか?作りたい、または作るソフトウェアによってプログラム技術は異なります。大きく3つに分けてみました。

  • スマホアプリ
  • ウェブサービス
  • 業務システム開発

これら3つは、すべて「Java」が使えます。その他にも言語がありますが、あるソフトウェアのためには不要な言語もあります。例えばスマホのアプリとりわけiOSのアプリを作りたいとします。その場合は「Swift」とですね。

他の言語ができなくてもSwiftがマスターできていれば、アプリが作れます。とはいえ、何をするにもプログラミングができるだけでは、不十分です。「アイディア」も必要ですね。Javaでいろいろなものができるようになるなら、選択肢が広がります。

よって、就職先も選び放題になるのです。業務システムを作るのと、スマートフォン用のアプリを作るのでは異なります。ですから「自分が何をしたいか」を決めれば、最短で技術を身に付けることができます。

1番取得スピードが早い人は、すでにアイディアがある人です。

  • こんなものを作りたい!
  • これがあったら面白いな!
  • これがあれば他の人の助けになる!

これらのものがあれば、それをアプリケーションやウェブサービスといった形で作りあげるのです。かなりハードルが高いです。でも、1つずつ「考え調べ当てはめていく」ならば、時間がかかるかもしれませんが、大きなものを作り上げることができます。

作り上げた時には、あなたの技術はかなりのものになっている事でしょう。もし何もアイディアがないならどうしましょう?どこかに就職して働きながら学ぶと言うのは、どうですか?学び続けることもできますし、お金ももらい続けることができますよ!

参考書は購入すべき?

プログラミング初心者として、参考書に関する自分の意見もお話しします!私ははっきり言って「いらない」と思います。参考書があっても良いとは感じますが。なぜ「不要」なのでしょうか?

まず今は、インターネット上に役立つ情報が山のようにあります。検索する能力が必要ではありますが、必ず見つかります!かなりのレベルに到達してから、中級者から上級者向けの参考書を買うのは良いことでしょう。

初心者であるならば何も買わずに、ネット上に転がっている情報を最大間活用しましょう!参考書もあまり安くないですよね。私も、アマゾンや楽天で探したことがありますが、2,000~3,000円していたのを思い出します。

購入するのを躊躇してしまいますよね!ですから、本当に欲しいと思った時だけ「購入する」で良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
この記事を通して、次の質問の答えが得られましたね。

  1. 30代になってからでもプログラミングはできるか→できる!
  2. プログラミングは役に立つか?→役立つ!
  3. プログラミングを学び続けるべきか?→続けるべき!

答えは1つ、すべて「はい」です。諦めずに続けましょう!楽しみながらやるのは、その秘訣です。楽しくないことは頭に入りません。もしかしたら、将来プログラミングを使った仕事をしないかもしれません。

それでも、今学び続けていることが役に立ちます。私の友人がそのようにアドバイスしてくれています。とはいえ私は、将来も今も、職業は「プログラマー」と言い続けます!

追記

プログラミングをやりたいと思いましたか?わたしは、この記事を書いていて、一層「頑張るぞ!」という気持ちになりました。とはいえ、学ぶにはどうしたら良いのか、踏み出せないでしょうか?

独学では無理だと思いましたか?大丈夫!「TechAcademy [テックアカデミー]」なら、全くの初心者でもプログラミングの「プロ」になれます!ぜひ、トライしてみましょう。若者に、負けない「やる気」で飛び込みましょう!

コメント