特技で稼ぐ!サイタで講師として働くという選択肢!

副業したい人にオススメのサービスをご紹介していますが、この記事では「サイタ」を見てみましょう。クラウドワークスが提供しているサービスである「サイタ」は、何に特化しているのでしょうか?

特技がある人にぴったりの副業!サイタを利用しよう!

クラウドワークスは、淡々と仕事をこなしたり、もしくは仕事を外注したりするときに使えるサービスですね。

 

しかしサイタは、自分に「特技」があり、それを「身に付けたい人」「もっと知りたい人」に教えてあげる、つまり「先生」のような立場になって、教えたことに対する報酬を受け取るものです。

世の中に需要がある技術をすでに身に付けている「あなた」に、ぴったりのサービスです。

 

 

サイタとは?講師として報酬を得る!

まず、この「サイタ」と聞くと思い浮かべることは、習い事です。

 

子供の頃にピアノとか水泳サッカー、野球といった習い事をしてきたことでしょう。

その時には必ず「コーチや先生」といった人がいましたね。

 

同じように「サイタ」のサービスを用いて報酬を得るのです。あなたが、コーチもしくは先生になります。

 

とはいえ、みんなができるわけでなく、「面接をパスできた人にのみ」コーチになれる資格を得られます。

 

聞いたところによると、試験に合格してコーチになるには、確率が「10人に1人程度」が受かるようです。

一度落ちても気落ちせず、そのスキルをますます磨いて再びトライしましょう。

 

コーチもしくは先生となるには、必要な能力が2つ大きく分けてあります。

何だと思いますか?

 

それは「特別なスキル」とそして「コミュニケーション能力」です。なぜでしょうか?

どんなに頭が良く、技術があっても、それを人に教えられなければ意味がありません。

 

長島茂雄さんのように「天才的な人」は「見て学べ!」といった教え方しかできないかもしれません。それでは、一般人はついていけません。

論理的に、しかもわかりやすく、丁寧に教えられるならコーチとしてのスキルが必要になります。

あなたに、この能力があるならばサイタに登録するのいいですね。

 

次の部分では「サイタ」をオススメする3つの大きな理由を見てみましょう。

 

①誰かに教えた経験があるならピッタリ!

あなたが今までも、誰かに何かを教えたことがあったり塾の講師や学校の先生といった経験があるなら、「サイタ」をやってみる価値があります。

自分とは、状況そして能力の違う人に、「自分が身に付けた特技を教える」というハードルを越えるには、今までに経験が「あるか・ないか」というのは、大きいです。

 

②趣味や仕事としてきたことなら何でも教えられる!

2つ目は、「仕事の種類がいろいろある」という点です。

 

 

多くの人が仕事だけでなく、余暇も充実させたいと思っています。

できれば、それが単なる遊びではなくて、自分も他の人も「楽しい」と思えて「仕事にもなる」趣味や特技があると、ポイントが高いですね。

 

あなたは、仕事でどんなことをしていますか?

もしくは、会社でどんな技術を身に付けてきたでしょうか?

 

  • 外国語が話せて、教えられますか?
  • プログラミングができるでしょうか?
  • パソコン関係に詳しいですか?

 

これの質問に、肯定的な返事ができるなら、あなたは「個人コーチ」となるにふさわしいと言えますね。

今まで何度も、しかも楽しくやってきたことであれば、それを「趣味感覚」で教えることができます。

しかも、報酬が得られるのです。ラッキー!

 

③人に教える!コミュニケーション能力の必要性

コミニケーション能力が高い人にも、オススメです。

 

通常のクラウドワークスと異なることは、自分の持っている技術を「他の人に教える」という「1段高いレベル」が求められます。

単に自分は「ある分野のトップレベルだ」とします。

しかし講師の個人レベルが高い以上に、「わかりやすく」しかも「親切に教えられる」人の方が、重要です。

「受講したい」「教えてほしい」と思う人は、短い時間でも「楽しい!」「充実した時間だった!」と思えるかどうかが大切です。

これをクリアしているかどうかは「次の顧客がつくかどうか」に影響します。

 

誰かと会話をすること、コミニュケーションを取ることが好きな人にとっては、「サイタ」がとても魅力的な副業と言えるでしょう。

 

まとめ

サイタ」について、ご紹介できました。

クラウドソーイングの中で、とりわけ「特化した技術」を持ち、しかもそれを「教えられる」人なら、コーチまたは先生として、この分野でも稼げます。

あなたの持つ技術や身に付けてきた能力を、他の人にシェアするだけでお金がもらえるのです。

ぜひ、あなたが現在用いている技術だけでなく、眠った能力を他の人に教えて「副業」にしましょう!

コメント