生産性を上げたい?それなら睡眠を削らないで!

睡眠に対するあなたの見方はどのようなものですか?毎日しっかり8時間睡眠(いや実は10時間寝てる…)ウッタムがこの大切さを熱く語りますよ!

睡眠はお金のかからないリラクゼーションのお店?

お金を払って仕事の疲れやイライラを取り除くために、マッサージのお店に行ったり、旅行に行ったりしますね。でも、実は身近にあるものが私たちを元気にしてくれるのです。

それは、睡眠

決して削除してはいけません。今後100年人生となるのですから、毎日きちんと8時間以上寝ましょうね

時間を取り分けるだけでなく、「質の高い睡眠」を取ることも重要です。そのためのグッズを揃えることにケチケチしてはいけませんよ。メチャメチャ重要!

では、続く部分から睡眠時間を十分取り分けることの大切さをご紹介しますね。

 

 

仕事も家庭も充実させたいなら寝ないとダメ

健康管理のために、私たちはいろいろなことをしますね。

バランスの良い食事を取ることはもちろんのこと、スナック菓子などジャンクフードをできるだけ控えることもします。

 

でも意外と「睡眠」が後回しになってしまうことがあります。

「頑張って働く!残業代を稼ぐ!」「新しいサービスを作る!」「期限に間に合わせるために夜中まで働く!」という人、多くないですか?

私もつい最近まで、まさにこのようなサラリーマンでした…

 

でもね、睡眠をバカにしてはいけませんね。軽くみてはいけないのです。この重要性に理解して生活を変化させてきた人がたくさんいます。

  • 発想力
  • 決断力

これらが抜群に発揮されます!

 

いいですね。アイデアをいかにたくさん出せるか形にできるかは今後のビジネスパーソンに必要ですね。

そのためには、十分な「睡眠」が欠かせません。

 

私も、ここ最近たくさん眠っているので「グズグズ」することが少なくなりました。

外出している時などに「こんなサービスがあったらいいな」「この前にやった〜という仕事、こんな風にアレンジができるな」なんてことが浮かびます。

睡眠から得た益と言えます。

 

睡眠と共に運動も組み合わせて健康になる!

睡眠・食事・運動」の全てがあって、生産性の高い仕事ができますね。いつも注意したいと思います。

 

睡眠時間を十分に取っている成功者たち

いや〜、これは知りませんでしたね。意外としっかり眠っているCEOはたくさんいる。

Appleのクック船長は「早く寝て早く起きる」人だということは知っていましたが。

 

あなたはハードワークに耐えられる人になりたいですか?

それなら、「寝ましょう」!

 

生産性アップには欠かせない睡眠

睡眠中に起こる体の不思議」について、全てのことが明らかにされていませんね。

わかっていることの一つに「記憶」と関係があるとのこと。

覚えたことをしっかり記憶するためには、眠らないといけないのですね。

人間って不思議なことが多い。

 

睡眠時間を確保するために戦う!

誘惑が世の中には多いですよね。簡単に睡眠が犠牲になる。

「人間関係・友人関係は重要だよね」といって、無駄な飲み会に行く人は多いのではないでしょうか。でも、負けないで!

 

寝不足による害は計り知れません。とりわけ、重要な仕事が重なっている時には「行きません!」と言える勇気を持ちましょう。

断ったからには、他の人の何倍ものパフォーマンスの仕事でギャフンと言わせちゃいましょう。

 

とはいえ、僕も含めフリーランスだと、飲みに誘われることは少ないかもしれませんね(ただ単に友達が少ないということもあるかな…)。

 

睡眠の確保には飲食も気をつける!

いつ、何を食べるか、飲むのかも睡眠に影響します。

「食べたいものを!飲みたいものを!」という欲望があるかもしれませんが、最初はグッと我慢しましょう。時が経てば慣れます。

 

睡眠が原因で病気になりたいですか?

クリエイティブな仕事ができる人が今後も「稼ぐ人」になります。

あなたもその1人になりたいですよね。

では、寝てください!徹夜してはなりませんよ!

ショートスリーパーな人もいますが、それは稀です。若い時はいいかもしれませんが。

今30代のあなた!残り70年も仕事をするのですから、無理してはダメですね。しっかり寝て「今日も明日も」ハイパフォーマンスの仕事をしましょう。

 

嫌いな仕事をしない!睡眠を確保する方法!

趣味を仕事にするのは、当然であり、心身の健康にもいいですね。単純に人生の中で多くの部分を占める仕事が「楽しくない」「苦痛」だとストレスが溜まっていく。

趣味と仕事の境目がない人は、長時間でも続けられる。

 

関心のあることをとことん追求することにより、生涯仕事をしていけますし、毎日が楽しいので夜もぐっすり眠れますね。

 

会社という囲いを出なければ「好き」な仕事ができないかもしれません。もちろん、「すべての人がフリーランスになれ」「事業者になれ」というわけではありません。

「こんな働き方もあるよ」「自分1人でも稼ぐ力を身につけよう」と言いたいだけです。

起きている時間(16時間)、楽しいことに費やせれば、当然眠りも甘くて心地よいものになりますね。

 

まとめ

睡眠について、先日ツイートしたことをまとめてみました。

寝ないとダメですね。

 

フリーランス・事業者の私は、眠い時に寝れます。もちろん、仕事をしなければ売り上げや収入が減りますが、後で挽回すれば大丈夫。対人関係で大きく悩むこともありません。

自分のペースでのんびりと、時には全速力で仕事をします!

 

誰もが、生産性を高く作業をしたいですね。

それなら、睡眠時間を何としても取り分けてください。それが仕事を調整しないといけないのかもしれませんし、夜の娯楽を制限することかもしれません。

睡眠の質を上げるため、アイテムを揃えるために費用がかかることでしょう。

でも、どんな犠牲を払って「睡眠を重要視」しているなら、後で必ず「頑張った甲斐があった」と実感できますよ!

 

コメント