負債を抱えてない?本当に怖い睡眠不足と解消法【3選】

あなたの「睡眠」、足りていますか?不足しているとあなたは「借金をしている」のと同じ、もしくはそれ以上の問題を抱えます。寝足りないことが深刻な理由と克服する方法をご紹介!

寝不足の人が多い現代

「眠い。夜はもちろん、日中も眠い。」

「布団に入ったのに、寝れない。」

睡眠に関する悩みは、尽きませんね。あなたもその一人でしょうか?

私もつい最近まで、「眠り」に関する心配がありました。

しかし、できる限り「質の良い睡眠」ができるよう心がけ、実際に今もそれをキープできるようになりました!あなたも、ぜひその一人になって欲しいです。

とはいえ、あなたはこのように感じているかもしれません。

  • 寝足りないのだが、どうしたら良いかわからない
  • 仕事などやるべきことが多すぎて、睡眠時間を取り分けられない

睡眠の重要性は、耳にタコができるぐらい聞いてきたことでしょう。でも、行動に移すのは容易ではありませんね。

それで、少しずつ改善していきましょう。

私uttam(@PWuttam)は医者でも、専門家でもありませんが、実際に実践してその効果を味わってきた者の一人なので、あなたとシェアできます。

すぐに取り組めることの一つに寝具をチョイスすることです。


王様の夢枕の公式通販サイト【キング枕.com】

 

睡眠を改善するために、「理解すべきこと」「取り組めること」を順に見ていきましょう。

  • 睡眠不足がもたらす害
  • 十分な眠りがもたらす益
  • 質の高い睡眠と休息を取るための方法

理解と行動を、山登りのように、1つずつクリアしていきましょう。

どうして睡眠不足が借金と同じなの?

睡眠が足りていないと、どんな問題を抱えてしまうでしょうか?

これがわかると、「変化したい」という動機付けとなります。以下のようなものがあります。

  • 注意力の低下
  • 何も考えられない
  • 忘れやすくなる
  • 新しいアイデアが浮かばない

注意力がかけたり思考力が落ちたりします。良い仕事ができないだけでなく、事故を起こしてしまう可能性が出てきますね。

あなたは、物忘れがひどいですか?もしかしたら、その理由も睡眠不足が関係しているかもしれません。

聞いて「良かった」と思うことでも、全く覚えていることができないのです。つい先ほど上司から指示をもらったのに「何を言われたのだっけ」という残念なことになります。怒られるだけでなく、会社を解雇される原因になりかねません。

 

クリエイティブな仕事をしている場合は、どうでしょうか?

新しいアイデアを出して、良い結果を出したいと思っているかもしれません。でも、何も浮かんでこないのです。

脳が活動していないのか、言われたことすら果たすのが大変です。どうしても何も頭に浮かんでこない場合、必要なほどの睡眠ができていないからかもしれません。

 

実際のところ、日本人はあまり寝ていないですね。

私の友人の中でも夜中の「12時・1時、もしくは2時」に寝る人もいます。私からしたら信じられません。「君は子どもか!」と言われるかもしれませんが、私は夜の10時には寝ます。

日本人の平均睡眠時間が少ないのは、なぜでしょうか?

これには、色々な理由があります。ざっくりと大きく分けてみると2つがあるかもしれません。

  • 労働環境
  • 娯楽

まず日本の「会社・労働」事情が原因かもしれません。

今は正社員でも月に20万円以上稼ぐことが難しくなっています。長年働いていれば、自動で給料が上がる時代ではありませんね。

残業に関しては、どうでしょうか?勤務外労働をすれば、通常よりもたくさんのお金をもらえます。

人によっては、残業とその給料に対して、「ボーナス」のように感じているかもしれません。事情ゆえに、働かざるを得ないのかもしれませんが、睡眠は削られますし、全く生産的な仕事ができませんね。

仕事が終わっても、家に帰ると「他の誘惑」があります。インターネットやテレビです。とりわけ、スマホやタブレットでの遊びが、人々から睡眠を奪っています。

昼夜に問わず、いつでもどこでも遊べてしまいます。実際のところ、インターネットは楽しいですね。

中毒というレベルでなくても、TwitterやFacebookをチェックしたくなってしまいますね。

娯楽に没頭している時は楽しくて、夜中でも眠くならないかもしれません。眠りを妨げる大きな障壁のようになる可能性があるので、十分注意して、必要な行動を取らなければ、変化は難しいです。

 

睡眠「負債」を甘く見てはなりません

睡眠に問題があったり、日中の眠気ゆえに事故を起こしそうになったりしたことのある人にとって、軽くみるべきではありません。この睡眠負債を返済しなければなりません。

睡眠不足が続けば続くほど、一層深刻になっていきます。

物を壊してしまうだけではありません。家族の平和や安心が失われていきます。あなた自身の評判が悪くなります。

人からの信頼を得るには時間がかかりますが、失うのは簡単です。一瞬だからです。

睡眠不足は、病気や事故の原因ともなります。それは免疫力の低下や集中力の不足ゆえに生じます。医療費が高くつくだけでなく、命さえも失う可能性があります。

 

ここまででわかったように、「慢性的に眠れない人」だけでなく、もっと創造性の高い仕事がしたい人にとって、睡眠負債をなくしていく必要があります。どのように返済ができますか?

 

ここで実際的な方法をご紹介しますが、重度の睡眠障害を持っている人にとっては、病院に行くことをオススメします!何事も専門家の助けを得ることは、重要ですね。

次の部分では、自分が「十分な睡眠が取れているか」どうか、チェックリストを使って判断してみましょう。

あなたは十分に寝ることができている?

人によって、睡眠時間は異なります。では、自分にとって十分に眠れているかどうか、どうしたらわかるでしょうか?

以下の点で、あなたはいくつ「はい」と答えられますか?

  1. 日中眠気を感じない
  2. 不安や心配なく眠れている
  3. 夜中に起きない、起きてもすぐ眠れる
  4. 薬を飲まなくても寝むれる

これらの質問すべてに「いいえ」と答えられるなら、睡眠負債を抱えていないと言える状況です。

1つでもYesと答えたものがあったなら、私が紹介する方法をぜひ実践してみてください!

私も毎日心がけていることで、しかも容易に取り組めることをシェアしますね。

その前に、睡眠について「基本知識」を取り入れましょう。

知っている?睡眠の種類

睡眠について、まず理解しておきましょう。大きく分けて眠りには「二種類」あります。ご存知ですか?

  • レム睡眠
  • ノンレム睡眠

レム睡眠とノンレム睡眠があるということを、聞いたことがあるかもしれません。レム睡眠とノンレム睡眠の違いは、夢を「見る・見ない」という大きな違いがあります。どちらが重要なのでしょうか?どちらも大切です!

 

夢を見る「レム睡眠」は約90分ごとに訪れます。これは、精神的に安定した状態をキープするために不可欠です。これができていないと、毎日不安感に襲われて、消極的な気持ちを抱いて生活しなければならなくなります。

私自身以前、レム睡眠は「大して重要ではないのではないか」と思っていましたが、そうではないようです。

また「記憶力」にも影響を与えます。どの記憶を保存すべきか、大切でないことは何か、それらを分ける脳の作業が、レム睡眠の時に起きます。

覚えておきたことが、人生にはたくさんありますね。それを保護して残すためには、レム睡眠が大切だ、というわけです。

 

続いて夢を見る方の「ノンレム睡眠」はどうでしょうか?この中には「4種類」もあります。

  • 浅い眠り
  • 通常の眠り
  • 深い眠り
  • 最も深い眠り

「浅い眠り」は、横になるとすぐに始まります。うとうとした状態ですね。実際にその後、通常の眠りに入り、そして深い眠りが始まります。深い眠りは2種類あって、どちらも「デルタ睡眠」と呼ばれています。

デルタ睡眠により、どんな益があるでしょうか?これは「体と心の回復」に役立ちます。どういう意味でしょうか?病気やケガの状態から早く治るためには、この睡眠がなければなりません。

免疫力を高めていき、保持していくための助けになるというわけです。

この不可欠な、そして睡眠の中でも半分以上の割合を占める「デルタ睡眠」ができないと、体は1日中だるい感じになります。それだけではありません。

憂鬱な気持ちで日々を過ごさなければなりなくなります。誰も望みませんね。

ではレム睡眠とノンレム睡眠のどちらもしっかりと、十分に取るための方法を、1つずつ見ていきましょう。

◾️関連記事

眠っている時はどうなっているの?理想的な睡眠への道!

睡眠負債からの脱却!簡単に取り組める3つの方法!

①夜は暗くする

眠気は「明るさ」が影響します。身の回りが明るいと、頭も体も活動的になります。逆に暗いと眠気を催します。それで眠くなくても夜になったら、照明を暗くしましょう。「静か」な環境を作るのも良いですね。もしかしたら「耳栓」を使うのも良いでしょう。

私も昔は耳栓を使って寝ていましたが、今では使わなくても眠ることができています。焦らず、実践していきましょう。必ず変化を経験できます。おしゃれで、しかも睡眠の助けになるカーテンなどの使用もいいですね。



オンラインカーテン専門店
【カーテン21】

②体温を下げる

体温を下げると聞くと、「体に良くないのでは?」と思うかもしれません。この理由は、何でしょうか?

体が温まると、脳は眠気を催すよりも、「活動のスイッチ」が入ります。逆に体温が下がっていくと、次第に眠くなります。

 

では、どうしたら眠気を催して、深く質の良い眠りができるでしょうか?

それは、就寝前は「頭と体を激しく使わない」ということです。難しい本をたくさん読んだり、勉強したりする。または、激しい運動すると、眠気が吹き飛んでしまいます。

それで頭も体も「リラックスした状態」を保てるようにしましょう。寝る数時間前には、緊張をほぐすようにしましょう。

③飲み物に注意

よく言われることですが寝る前に体を「興奮させる飲み物」を摂取しないようにしましょう。コーヒーや紅茶などのカフェインは、避けたほうが賢明です。

寝る直前に飲んでも、普通に眠れるという人でも、睡眠前の時間帯には飲まないようにしましょう。

私は、個人的に夕方に飲んでしまうと、高い確率で眠れなくなるので、お昼以降は飲まないようにしていました。

昼寝はどうなの?睡眠に関する知りたい疑問!

夜あまり寝むれていないから、「昼寝をしよう」という人がいますね。私も時々、食後に襲ってきた眠気に負けてしまいます。実際には、昼寝をしてもよいのでしょうか?寝て良いとしても、どれくらいの時間が良いのでしょうか?

昼寝は「15分から30分以内」にしておくのが良いです。短い睡眠をすると、起きた直後、ちょうど良いくらいに頭が冴えて、次の仕事に取り掛かることができます。

逆に昼寝をしすぎると、頭がすっきりするどころか何も考えられなくなり、しかも体がだるい状態となります。気をつけましょう!

◾️関連記事

昼寝の真実!害ある?それとも健康的?最適な時間と益!

まとめ

「睡眠不足だ」と感じる人がたくさんいます。恐らく、かなりの人が「もっと眠りの質を改善したい」と思っていることでしょう。

30代もしくは40代という、「経験・活動力」とどちらもある年齢に、睡眠を十分に取ることは大切です。

時代の流れが速い現代、活動的に動けるようにしましょう。一緒に眠りの不思議と大切さ、そして改善方法について学んでいきましょう。引き続き睡眠に関する役立つ情報をご紹介しますね。

もっとしっかり寝て!短い時間で集中して働くため!」もオススメなので、読んでみてくださいね!



王様の夢枕の公式通販サイト【キング枕.com】

コメント