もっとしっかり寝て!短い時間で集中して働くため!

「ダラダラと仕事をしてしまう」ことはありませんか?短い時間で、質の高い仕事ができたら、良いですね。そのために「睡眠」が最も大きな影響を及ぼします。その理由は何ですか?

短い時間で仕事を終わらせたい!

可能であれば、仕事の時間を短くし、勉強や家族のために、時間を取り分けたいですね。

 

しかし、毎日の予定ゆえに、難しく感じます。その理由は、様々です。

  • 夜遅くまで起きている
  • 遊びすぎ
  • 仕事が忙しい
  • 家庭の問題

 

夜遅くまで起きているのが問題で、早く寝れないのかもしれません。疲れがたっぷり溜まっています。夜遅くまで遊んでいると、生活が昼夜逆転してしまいます。仕事が忙しいのも、理由の1つです。残業だらけで、早く家に帰れないです。

やりたいこと、楽しみたいことがたくさんあるゆえに、睡眠時間が削られます。体が疲れたままです。ストレスで、眠れないこともあります。

仕事の大変さゆえに、布団に入っても、頭は次のプロジェクトのことでいっぱいです。

 

家族内の問題も、ストレスが溜まる原因になってしまうかもしれません。最近は、男性も子育てに積極的に参加するようになっています。子育ては、特に子どもが小さい時は大変です。

私の友人も子どもがいるのですが、夜中に起きることも頻繁にあります。1歳か2歳位の時が、1番大変で、よく彼からを子育てについて、聞くことがあります。私も子どもを持つと、このようなことになるのかな、と考えてしまいます。

家族に関する問題や心配が重なって集中力が持てず、生産性のない仕事になってしまいます。

 

集中力を高めて、仕事することがどうして重要なのでしょうか?

思いが色々なことに向いていると、何をしなければいけないのかはっきりしません。それゆえに、集中すれば1時間でできる仕事でも、1日で終えることができません。

最近では、残業代が出ない会社も増えています。給料が安いだけではありません。長時間労働となります。体が疲弊し、家庭が崩壊します。

日本全体で、「給料が上がらない」ことが問題となっています。それで残業代を目当てに、ズルズルと仕事をしてしまうのかもしれません。もちろんブラック企業で働いている場合は、別です。

 

日本人は、真面目で勤勉と言われています。その精神がワナとなり、会社の言いなりです。結果、心も体も崩れてしまいます。その場合は、すぐに「転職」を考えるべきでしょう。

MIIDASなら、自分のプロフィールを入力しておくだけで、企業からのオファーが来ます。楽ですよね。



とはいえ、追い込まれている場合は、転職をしたいと考えることさえないかもしれません。このような状態の場合は、人の助けがどうしても必要です。

何にせよ、短い時間に集中して作業ができれば、すぐに家に帰れます。

質の高い仕事もできます。

他の人の評価が上がり、転職も視野にあります。

 

私自身、自分の価値が高まったので、フリーランスで働くことが可能にようになりました。今は、良い時代となっていますね。

年をとって何もできなくなる前に、行動しましょう!

 

この記事全体で、どのようにして集中力を高めることができるのか、そのために睡眠が重要なのはなぜか、考えてみましょう。違う人間になったかのような変化を経験することができますよ!

 

【睡眠】集中力を高めるために最も大切なこと

脳も体も疲れた状態の場合、結果はどうなりますか?

  • 仕事が進まない
  • 他の人に迷惑がかかる
  • 病弱になる
  • やる気が起きない

 

いいことが何もありませんね。当然ながら、仕事がはかどりません。全くプロジェクトが進まないと、他の人に迷惑もかかります。病気になりがちになります。仕事が進まないだけではありません。やる気が起きません。

時間だけが過ぎていきます。仕事から来る満足感は、一切ありません。ここからも、「脳と体をしっかり休めること」が最も大切であることがわかりますね。

 

ちゃんと夜に眠ると、どのような益があるでしょうか?

  • 体内リズムが整う
  • 能力が最大限に発揮できる
  • 仕事がスムーズに進む

 

人間は、暗い時間に寝て、太陽が出ている時に動く生き物です。

夜早く寝て、朝早く起きるなら、体内リズムが整います。私たちの中にある能力を最大限発揮することができます。

その結果、周りの人が私たちをどのように見るようになりますか?

  • 自分の評価が上がる
  • 信頼されるようになる

 

先にも考えたように、評価がぐっと上がります。いろいろなことを、任されるようになります。多くの責任が与えられるにもかかわらず、さらっと終えることもできるようになります。

当然、イライラすることも少なくなります。仕事が早く終わるので、新しいことに取り掛かるパワーが残ります。いいことだらけですね!

 

時間ができることにより、「家族のための時間」を取り分けることができます。家族は、私たちの時間を必要としています。子どものために、時間と体力を取り分けてあげるべきですね。

 

学習」はどうでしょうか?果たすべき会社の仕事が終わっているので、時間と体力を、学習に向けることができます。

どんなことを学びたいですか?プログラミングでしょうか?新しい言語でしょうか?読書に用いたいでしょうか?

さらなる好奇心を増すこともできます。遊ぶ時間ができるのも良いですね。インドアであれアウトドアであれ、爽やかさを得て、他のことにも取りかかれます。

 

集中すべき仕事が終わっているので、他の人とコミニケーションを取る時間ができます。

「他の人と話す」ことについて、あなたはどのように考えていますか?これは、どうして大切ですか?もし、意思疎通ができていないと、いざこざが起きます。

会社に行きづらくなります。それをなくすために「コミニュケーション」が大切です。

もし果たすべき仕事ができていれば、時間の余裕ができます。他の人と話す時間ができているので、仲良くそして楽しく仕事ができます。

1人で行なうよりも、2人で仕事している方が気持ち良いですね。達成感が、2~3倍にもなります。

コミュニケーションのための時間が取れるようになると、今以上に人脈が広がります。いろいろな可能性ができます。

 

このように考えてくると、睡眠をしっかりと取ることは、健康に良いだけでなく「充実した生活の秘訣」というわけです。

でも、どうやって睡眠時間を取り分けることができるのでしょうか?コツを「3つ」、ご紹介しますね。これを1つずつ当てはめていくなら、睡眠のための時間を確保することができます。

 

どうやって睡眠時間を取り分けるか

①限界をわきまえる

私たちはそれぞれ、できることが異なります。

能力も状況も違います。好き嫌いもあります。

 

それで、仕事を含め、自分には無理なことは「無理」と断る勇気を持ちましょう。ゆっくりできるとしても、決められた期限までにできないと思うならば、「できません!」と言うことも大切です。

どうしてもしないといけないなら、どうしますか?

 

助けを早めに求めましょう。援助を求めるために、もしかしたらお金がかかるかもしれません。しかしお金で信頼を勝ち得ることができるなら、安いものです。

すべて自分で「やるか・やらないか」は、とても重要です。

 

限界をわきまえれば、人間に与えられた24時間を有意義に使うことができます。

時間を確実に睡眠に当てることができます。睡眠を削ってでも働くという人がいますが、無理しないでください。

今は若くてできるかもしれませんが、年齢を重ねていくごとに、体も心も崩れていきます。

 

②環境を変える

環境を変える」とは、どういうことでしょうか?

  • 引越しする
  • 通勤方法を変える
  • 仕事を変える

 

まず、「住まいを変える」ことです。ところで、東京など都会に住む必要があるでしょうか?このようなことを言うと「当然だ!」と怒られるかもしれません。でも少し冷静になって考えてみてください。家賃が多少上がったとしても職場の近くに住むことができるでしょうか?

 

 

満員電車を少しでも避けることができれば、疲れを最小限にすることができ、夜も早く寝ることができます。結果、朝も早く起きることができます。

通勤時間が減るので、早く出勤しなくても良いかもしれません。

満員電車を避ける時間帯に、家を出ることができるでしょうか。ゆっくり出勤ができるなら、椅子に座って、通勤できるでしょう。

職場から遠い場所に住んでいるとしても、座って通勤できたら良いですね。お金を払ってでも、体に負荷がかかりすぎない方法を探すべきです。

 

私の先輩は、職場まで1時間かかる場所に住んでいました。でも、確実にグリーン車で座って通勤していましたよ。

結果、いつも爽やかの表情で出勤していたので、マネをしたいなと思ったものです。

 

職場の近くに住むことは、現実的ではないかもしれません。その場合「仕事を変える」ことができないでしょうか?

転職」です。今は、転職業界が大きな盛り上がりを見せています。会社も良い人材を引き込みたいと躍起になっています。

自分の強みがあり、条件が整うなら、誰でも転職することができます。現在は、同じ仕事を定年まですることが、ほとんどと言って現実的ではありません。長く同じ職場にいても、給料が上がりません。心身ともに、疲弊して人生を終えることになりかねません。

 

最近は、副業をokにしている会社が増えていますね。日本の会社自体の方針や考え方が変わってくれば、長い期間同じ職場でも働きたいと思うようになるでしょう。しかし、現実を考えてみると、容易ではないと思われることでしょう。

それで、「職場を変える」という決定が最も良いかもしれません。もしくは、仕事時間や責任を減らすことができるでしょうか?給料は、もちろん減ることでしょう。

でも、あなたの時間や体力を「学ぶ時間」に当てることができるので、自分の価値を高めることができます。

 

リモートで可能な仕事をするのも、良いですね。自宅で仕事ができる状況を作るなら、好きな時間に取り掛かることができます。

家にいなくても良いかもしれません。旅行をしながら、仕事ができるというのは魅力的です。

住まいを限定しなくて良いので、毎日楽しく働くことができます。休む時に休み、働く時には働くという気楽な生活パターンができます。今は、クラウドワークスランサーズといった「フリーランス」で働く人が多くいます。

「通勤しない」という方法も視野に入れましょう。

 

私も通勤しないフリーランスの仕事をしているので、職場でのいざこざや、満員電車での通勤といったストレスから解放された生活を送ることができています。

夜は9時か10時に寝て、朝は6時か7時に起きるという、健康的な生活を送れています。

 

③優先順位をつける

人生の中で何が1番大切

 

これがわかっていないと、すべて崩れていきます。お金は、最も大切なことでしょうか?お金がなければ、生活できないと思うでしょう。当然、お金を払って色々なものを購入して生活しています。しかし、最も重要なものはありません。

 

手元にお金がなくても、クラウドファンディングといった、助けを得て、新しいことに挑戦することもできます。少しの金で生活するということは、難しいことではありません。家族と自分の幸せが、最も大切です。

 

心身を休ませないなら、体が壊れ、消耗してしまいます。潰れることになります。それで「何をしたいか。何を成し遂げたいか」よく考えましょう。つまり「優先順位を付ける」ということです。

そのために何ができますか?

  • 目標を設ける
  • 予定を立てる
  • 何に時間を使っているか分析

 

まず、目標を設けて、それに基づいて予定を立てます。24時間のうち、8時間ほど睡眠に取り分けます。

その次に、自分が重要と思っていることを、予定表に書き込みます。その場合、何かを我慢する必要もあるでしょう。

テレビやニュースを見る時間を削る必要も出てくるかもしれません。

ネットサーフィンやYouTubeを見る時間を制限しなければいけませんね。全く見てはいけないというわけではありません。コントロールするのです。

 

SNSや電話の回数を、ある程度減らすことも考えましょう。

私は最近、仕事をしている時は、LINEを通知オフにしています。アプリを開いたときにのみ通知が分かります。相手には迷惑をかけるかもしれませんが、休みの時間に開いているので、連絡が届かないということはありません。

たったこれだけで、仕事に集中してできるようになりました。どれだけSNSで仕事の邪魔をされていたのかを、痛感しています。

 

優先順位をつける、それを実行するということには、努力が求められます。ある程度の犠牲を払わなければなりません。

しかし、そのために犠牲を払う価値があります。「何がしたいか・何を成し遂げたいのか・何を大切にしているのか」をよく考えましょう。しっかりと休みの時間を取るなら、有意義な1日を、そして人生を送ることができます。

 

集中できる時間帯はいつ?

先の見出しで、睡眠の時間をしっかり取るためのコツを理解できましたね。

  • 限界をわきまえる
  • 環境を変える
  • 優先順位を付ける

 

ここでは「集中できる時間はいつか」ということを知り、その意味と方法について、見てみましょう。

短い時間で済ませ、効率的に仕事をするには、睡眠はもちろんのこと、「自分にとって集中できる時間帯を知る」ことも大切です。あなたは、いつが1番集中できると思いますか?

 

私は、と感じています。人によっては、朝だとだらけてしまい、仕事に集中できないという人もいます。夜が一番集中できるという人もいます。集中できる時間帯は人それぞれでそ良いと思います。

大切なことは、自分にとって良いパフォーマンスを発揮できる時間帯を知り、その時間に最も重要な仕事を当てるようにしましょう。多くの専門家は、「朝」がしかも「早朝」が最も良いと説明しています。

 

早朝なら、短い時間で仕事を終えられる場合が多いです。夜にしっかり寝て、朝早く起きる。心も体もフレッシュ状態なので、集中して行なえます。

集中力が高まった状態で仕事に取り掛かるので、質の高い仕事をすることができます。私も、早朝にいろんなことをしたいと思います。

 

早朝が最も良いと言われても、朝にすっきり起きるのは、難しいと言う人もいます。朝すっきり目覚めるには、どうしたらよいのでしょうか?

「寝る前にできること・起きてからすること」の2つの分野で、爽やかな目覚めをするためにできることをご紹介します。

6つの方法があります。

 

朝すっきり目覚める!できることは何?寝る前にできること6選

飲み物に注意①

刺激物をとらない」というのは大切です。コーヒーなどカフェインを取ると、夜が眠れないことが多いです。あなたもそうでしょうか?深い眠りを取るためには、寝る前に何を飲むのかに注意しましょう。

コーヒー好きの私にとって、夜でも安心して飲むことができるドリンクがあります。それは「たんぽぽコーヒー」です。「これはコーヒーなの?」と思うかもしれません。異なる飲み物だと思えば、良いでしょう。

 

お酒はどうでしょうか?眠る直前は飲まないようにしましょう。深い眠りになりません。飲酒は眠りの妨げとなります。それで、「寝る3時間前」には、飲酒しないようにします。「飲む量」も注意しましょう。

私は21時に寝るので、飲むとしても18時までにしています。これを実践するには、仕事を朝に、そして午後の早い時間に終える必要がありますね。

 

体を温める飲み物を飲む②

熱燗を飲むことが、頭に浮かんだかもしれません。でも、これは浅い眠りになる可能性が高いです。ホットミルクを飲むのが良いですよ。

牛乳が嫌いな場合は難しいかもしれませんが、牛乳を飲みながら体を休めることは、心と体に「休みますよ」というサインを送ることになります。

体が温まった状態で眠れるので、深い睡眠になります。

 

ブルーライトを見ない③

寝る前にガジェットをいじることも、注意します。どうしてもスマホでニュースを見たり、大画面でビデオを見たりするかもしれません。

しかし画面から発せられる「ブルーライト」で脳が目覚めてしまいます。眠りに悪影響を及ぼします。

 

寝る前に仕事しない、というのも大切ですね。本を読むのも注意します。

タブレットの場合は、ナイトモードにするも、大切です。寝る3時間前にはガジェットを触らないのも大切です。

 

3時間前には食事を済ませる④

食べ物も、寝る直前に取り入れないようにします。ご飯を食べると、体が食物を消化するために働きます。それが睡眠の邪魔をしてしまうのです。

3時間前に済ませているならば、体が休んだ状態になりますので、眠りに食べ物が邪魔をしません。体が太ることも防ぐことができるので、オススメですよ。

 

ゆるめのお風呂に入る⑤

お風呂といえば、熱々の湯船に入りたいかもしれません。とりわけ冬には、足から頭までつかりたくなりますね。しかし「ぬるめの半身浴」は良いですよ!体をじっくり温めていくので、体から疲れが取れていきます。シャワーではなく、バスタイムを取り分けることを、これも毎日の予定に組み込むようにしましょう。

 

ストレッチをする⑥

ストレッチを毎日の日課にしましょう。とりわけ寝る前にします。仕事の途中に体を動かして、身体をほぐすことも大切です。

寝る前には体をゆっくりと動かし、全身の硬さを取るようにしましょう。これだけで全く違いますよ。

怪我をしにくくなります。ストレスを軽くするだけでなく、お金もかからないオススメの方法です。

 

深い眠りを取るためにできる、いくつか方法を取り上げることができました。寝る時間も、「レム睡眠」の時に起きれるよう、計算しましょう。

睡眠には「1時間半」というルーティーンがあります。朝何時に起きたいのか考えます。

では、何時に眠る必要がありますか?6時に起きたいなら、22時半に寝るのが良いですね。

 

起きてからすること!2つのコツ

朝早く仕事をして、しかも高パフォーマンスにしたいですね。しかし朝起きてすぐに仕事に取り掛かるのが難しいでしょう。そのためには、何ができますか?2つの方法をご紹介します。

ベットの中でも、起きてからでも、体を温めるようにします。

 

ベットの中

  • 体を動かす
  • ボールを握る
  • 手を上にして動かす
  • 声を出す

 

ベットの外

  • 体をゆっくりと動かす
  • ラジオ体操
  • 歯を磨く
  • ホットシャワー
  • 好きな音楽を聴く

体温を上げる①ベットの中で!

まず目覚ましがなったら、ベッドの中で体を動かします。足をバタバタさせたり、手を上にあげたりして動くのです!

手にボールを持って、ニギニギするだけでも、結果が違います。手を上にしてグーパーするのも、良いですね。声を出すのも、目覚めるためにピッタリです。

 

体温を上げる②ベットの外で!

布団から出たら、どうしますか?体をゆっくりと動かしてきます。急にいろいろなことをするのは、やめましょう。ケガの元となります。ラジオ体操をしましょう!

これは、年配の人だけでなく、若い人もするべきです。体操というと、すごくハードルが高く感じるかもしれません。

歯を磨く」だけでも、違います。口の中がすっきりして、リフレッシュ状態になります。手を動かしますので、頭も体もスイッチが入るようになります。

 

 

簡単な方法として、「ホットシャワー」も良いですね。体から熱を感じ、仕事に取り掛かろうという気持ちになります。

 

 

あなたの趣味は、何ですか?

音楽を聞くと口ずさみたくなることでしょう。テンションが上がってきます。ミュージックで目が冴えてくるので、朝の早い時間でも、仕事に取りかかれるようになります。

ここで注意を1つ!朝には大音量で音楽を聞くことはできません。これは当然ですね。イヤホンで聞くようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?集中力を高めるために、できることをご紹介しました。「睡眠時間」を確実に取り分けるようにしましょう。現代人は、睡眠時間がとても少ないです。

日中ではなく、夜に眠れるようにしましょう。

 

集中できる時間として、「早朝」に重要な仕事ができるようにします。そして早朝に起きるために、固まった体を起こしましょう。実際的な方法のうち、1つのことだけでも取り込んでみます。

私自身、短い時間でたくさんの仕事を、そして、相手が納得のいく仕事ができるようになりました。

ストレスも減りましたし、家族のために時間を取り分けられ、満足しています。新しいことを学ぶ時間もできるようになりました。

 

最高のパフォーマンスを出すために、集中力をもっと高めていきましょう。睡眠によって。あなたの隠れた才能が、まだまだあります!

 



眠りを深化させる『エアキューブマットレス』

コメント