【書評】AIに負けない自分で考える子どもを育てる21世紀型教育

考える力を養ってAIに勝利する。「AIに負けない自分で考える子どもを育てる 21世紀型教育」を読んで、「ここは僕にも役立つ!」と思ったことがあったのでご紹介しますね。

考える力を身につける!AIに負けない人間になるために。

 

日々「自分の強みは何か?」追求し続けているウッタム(@PWuttam)です。

 

誰も機械に負けたくないですよね。

人間とロボット、どちらにも得意分野と不得意分野があります。

AIに負けないようにするには「考える力」が必要です。

「あるか・ないか」で天と地の差があります。

 

多くの人は、今まで勉強する習慣があっても「覚えるだけ」という学習方法が身に付いてきたかもしれません。

でも今後は「自分で考える力」がなければいけません。

 

これを動画でまとめてみました。

 

【読書感想】AIに負けない自分で考える子どもを育てる21世紀型教育

 

ぜひ気になったら、本を手にしてみてくださいね。

 

 

仕事が楽にならないのは「考えて」いないから

 

あなたは「言われたことだけ」をしていませんか?

人から聞いたこと、本や新聞を読んだりしたことを、そのまま「鵜呑み」にしていないでしょうか?

結局聞いたことをそのまま「真実だ」と受け入れるだけでは成長しません。

悪徳業者に騙される、という結果にもなりかねません。

 

自分で考えることの重要性が、「AIに負けない自分で考える子どもを育てる 21世紀型教育」から得られました。

私自身「大切だな」というポイントがあったのでまとめてみたよ。

自分で考える」こと、これが21世紀、いやいつの時代にも必須な能力です。

子供の教育について書いてあった本ですが、大人の私たちにも役立ちます。

 

ぜひ子供を育てるにあたって活用してほしいことですし、大人になった今でも当てはめるべきポイントがあったので、3つに絞って見てみましょう。

 

  1. 疑問を持つ
  2. 情報処理して活用する
  3. 発言する

 

「なんだかうまく仕事で成功しない」と悩んでいるあなたでも、「考える力を養う」なら解決します。そのための秘訣を取得しましょう。ぜひ考える力を磨いて、賢くなるのです。 

 

自分で考える力を養う【①疑問を持つ】

 

どんなことに対しても「なぜだろうか?」「どうしてだろうか?」と考えるのは良いことです。

すべてのことには、理由があるのです。

その理由や根拠が薄っぺらいものであれば、受け入れる価値のない情報と言えます。

教科書や本、新聞に書いてあることをそのまま受け入れるのではなく、自分なりに処理していきましょう。

「なぜだろうか」と考える習慣がついているなら、情報を深めることができますし、理解力も高まります。

 

自分で考える力を養う【②情報処理して活用する】

 

聞いたことを使わなければ、意味がありません。

教師の例を考えてみましょう。

 

あることを生徒に教えるとします。

「これは価値があるよ」と口で言うとしても、本人が使っていないと本当に大切なことなのだろうか、役に立つことなのだろうかと思ってしまいますね。

でも教師が実際に使ってみて「これは大切だ」と思っていることを教壇から言われたら、どうでしょうか?

生徒たちは説得力の高まる話を聞けます。

教師本人も情報から益を得続けます。

 

同じように、学んで「価値がある」と思う情報を得たとき活用していきましょう。

どのようにその習慣を身につけられるでしょうか?

 

問題があったとします。

まず「どうしたら良いのか」考えます。

次に「調べて」みましょう。

問題の解決策がわかれば、それを「実践していく」のです。

 

このルーティンを持ちましょう。

実践しながらアウトプットも忘れずに。

 

ブログとりわけ今はYouTubeで動画配信するという活用をするのです。

ある情報をもっと深いものにして、世の中に出していきましょう。

これだけで考える力が養われます。

 

ぜひ読んだこと、そして聞いたことを「すごいなぁ。感動した」と思うだけで、終わらせないようにしましょうね。

 

自分で考える力を養う【③発言する】

 

日本人は気持ちや考えを表に出さないことが多いですね。

島国であることが影響してるのかもしれません。

とはいえ、「自分の気持ちや考えたことを他の人に話す」を習慣にするだけで、考える能力が身に付きます。

コミュニケーション能力も高まりますね。

 

世界という基準で見てみましょう。

「言わなくてもわかるだろう」というのは偽りです。

敬意や気遣いも持ちつつ人に話す、表現するなら考える力が磨かれていきます。

「僕は~だと思うよ」と話すだけで、ある情報に対する理解力が高まります。

間違っているなら、指摘してくれます。

 

ぜひ、発言していきましょう。

「何も言うことはありません」というのは危険です。

どんなことも「考えて」いくのです。

自分というフィルターに通して発言するなら、AIに負けない人になれます。

 

まとめ

 

考える力を養うためのいくつかのポイントを、「AIに負けない自分で考える子どもを育てる 21世紀型教育」から学びました。

 

どんなことに対しても「なぜだろう」と疑問を持ちましょう。

聞いたことや見たことを、自分なりに処理し活用していきましょう。

思ったこと、考えたことを人に話したりTwitterで文字にしてみたりするだけで、考える能力が磨かれていきます。

 

考える習慣が子どもの頃から身に付けば最高ですが、大人になった今でも習得していくことができます。

ぜひ、脳に負荷をかけてAIに負けない人間になりましょう。

コメント