UXデザインツールのSTUDIO!ライター目線で使ってみた!

昨今、Webサイトを作るのが容易な時代になっています。使えるサイトやサービスがたくさんあるので、その1つである「STUDIO」を「ライター目線」でご紹介しますね。

新しい感覚のUXデザインツール

サーバーを必要とせず、望むなら独自ドメインを使って運営できる新しいプロジェクト。これがSTUDIOです。どのようなことができるのでしょうか?

  • アプリやWebサイトのデザインができて公開もできる

シンプルに言えば、こういうことです。

作ったサイトデザインを公開するために、お金を払わなければなりませんが、デザインの勉強として使えるかもしれませんね。

ただデザインの勉強だけであれば、1円もかかりませんが、それ以外のことは料金が発生します。

海外のサービスという感覚がありますが、日本製のサービスです。見た目がシンプルで使いやすいと言えますね。もちろんSTUDIOでウェブサイトを作るのに、必要なHTMLやCSSといったことに対して無知という状況では、難しいです。

Webデザインについて知っている人のツール

Webデザインについて、ある程度のことは、知っておいた方が良いでしょう。アプリを作ったり、ウェブサービスを作ったりするために「ワイヤフレーム」とか「プログラミング」とか必要ですね。

でも、これらを理解し、使いこなすには、時間と労力を必要とします。しかし、それを直感的に作ることができるのが、STUDIOです。

使いながら、大きさを変えたり、色を変えたり挿入したりできるので面白いです。キャッチフレーズである「アイディアを形にする」ということを、実行していると言えます。

記事を書くことを専門としている人にとってはどうか?

私は記事を書くことをメインにしているライターです。そのような人からすると、STUDIOは難しく感じるかもしれません。

私のような人からすると、文字書きだけに集中したいです。サイトのデザインをメインと思っていない人であれば、このサービスは不要ですね。面倒なだけです。

もしウェブサイトやスマホアプリを作りたい人、そのためのデザインを色々試したい人にとっては、良いと言えます。

STUDIOの面白いところは、「スマホのみで作っていける」こと。本当に便利な時代になりました。

Webサイトやアプリのデザインをしたい人のために

ウェブサイトを作るにせよ、アプリを作るにせよ、デザインツールとしてSTUDIOを作って使ってみるのは、いかがでしょうか?ウェブデザイナーを目指している人や触れてみたい人にとって、最初の1歩としてこんなツールを使ってみるのも面白いですね。

他にも色々なデザインツールがあります。人それぞれ使い方や望むことが異なるので、使ってみて選んでいきましょう。

頭を悩まさずに、Webサイトを簡単にレイアウトができて、おしゃれなサイトを作るにはどうしたらいいでしょうか?

使ってみる価値がありますよ。シンプルなホーム画面なので、有料にすれば不要な広告が出ませんし、独自ドメインが使えます。

私は、シンプルでいいと思ったのと、「自分のサイト」という自覚を持ちたいと思って、独自ドメインを取得し、サーバーを借りて運用しています。どちらもエックスサーバーです。サーバーだけでなく、エックスドメインでドメインもゲットできます。

私自身の結論として言えば、もしブログ記事を中心に書きたいと思っている人にとっては、STUDIO不要と言えるでしょう。




コメント