VRアバターで見える未来

近い将来、VR の世界と現実の区別がつかないかも…だから「VRとその周辺に関わるサービスを作り出すことが大きなビジネスチャンスになる」という話です。

VRをいち早く体験してビジネスに生かす

フェイスブックは最近色々やっていますね。

仮想通貨だけでなく、VRのアバターまで作っている。本物そっくりで怖いぐらい。

GAFAという超巨大企業の一つであるFacebook。

このクオリティまでVRアバターを作っているのだから、今まで以上にVRは生活の中で身近なものになるだろう。

今まで使ってきた技術で満足しない

人は変化をあまり好まない気がする。

引っ越しや就職など大きな変化は私たちの生活に強い影響を与える。

テクノロジーの変化は著しいので、新しくVRに触れてみよう、これを使ったサービスを作ろうとすると、多大なパワーを使わないといけないので大変。

プログラミングもそうだけど、「今までこれをやってきた。今後も同じ」というのはもったいない。

これまでスキルを身につけてきたのだから、VRをいじるための「技術」習得へ動かないと、時代においていかれます。

まずはVRに触れてみる

機材を揃えるのが最初ですね。

そのための前調査は欠かせません。

僕自身触れたことのないものだから、いち早く購入へ動かないと。

とはいえ、何があるのか知らないと何も始まらない…

VRゴーグルとかVRヘッドセットとかあるみたい。

 

 

HMDつまりヘッドマウントディスプレイというみたいで、様々なメーカーから出されている。

まずお試しで、お手軽なものから手を出してみるのも手ですね。

【まとめ】VRで何ができるかアイデアを出す

フェイスブックが開発するアバターから「今後私たちはVR環境で利用されるサービスを作ろう」という結論でした。

時代は変わりましたね。

近い将来5Gという身の回りが全く遅延してのないインターネット環境になるので、ますますVR市場が活発になりそう。

時代に置いてかれないようにしましょう。

コメント