捻挫はすぐに対処しないと再発する可能性が高まるよ!

捻挫してしまったので、自分にとって助けになったことをまとめてみます。「みなさん、いつも体の柔軟性を常に高めておきましょう、」という結論になります。

捻挫の対処はすぐその場で対処しよう

 

捻挫、痛いですよね。

「骨が折れたかも」と感じるほどです。

僕も久しぶりにひねりました。

小学生ぶりかも、というぐらい。

 

この記事を見てくれる人は、

 

捻挫してしまった。どうしよう。痛みに早く対処したい。

 

というのに悩みを持つ方に向けて方法をご紹介します。

 

まず結論から言うと、

  • 早めの治療(方法4つ)
  • 体の柔軟性を日頃から高める

では、一つずつ見ていきましょう。

 

捻挫になった!早めの対処で痛みの軽減+早期回復!

 

まずできることは、以下の4つを理解しておくことです。

別名RICEです。

 

  1. 安静(Rest)
  2. 冷却(Icing)
  3. 圧迫(Compression)
  4. 挙上(Elevation)

 

晴れがある時、「安静」しているにが大切。

僕も最初の二、三日は家にいました。(よく昼寝をしてました…)

 

アイスで患部を「冷やす」のもいいね。

腫れが引いてきますし、痛みが軽減します。

 

「テープで固定」も重要。

包帯やテーピングで固定しましょう。

 

最後に患部を、僕の場合は足を「心臓より上に」置きます。

横になりながら、枕やクッションの上に足を置くと完成です。

 

毎日柔軟体操をして、体を柔らかくしておく

 

僕は普通の人より、体が柔らかい方だと思います。

前屈ができない人がいる中で、僕は毎日取り組んでいたので、比較的早く治りました。

筋肉を付けるのもいいですが、それ以上に柔らかい筋肉が良いです。

怪我も少なくなりますし、仕事やスポーツのパフォーマンスに多大の影響がありますよ。

 

まとめ

 

みなさん、足をひねったら、すぐに対処しましょう。

意外と骨を折る以上に完全に治るまでの時間がかかる「捻挫」。

みなさん、気をつけて道を歩きましょう。

コメント