MacBookAirにもRetinaディスプレイが搭載!買う?買わない?

「お、遂にMacBookAirのRetinaディスプレイが出た!」とワクワクしている2018年10月30日の夜中。みなさまは、どうしますか?買いますか?僕なりの結論は…

 

 

今日は、Mac製品の話が多いですね。

2018年10月で興味深かったのが、MacBook Air Retinaディスプレイです。

ついに出ましたね。

 

僕もかれこれ4年、今のMacBookAirの11インチを使っています。

今もお世話になっていることは、間違いありません。

しかし、画面には不満が…

 

iPhoneとiPadを使っているため、目が「Retinaディスプレイ」に慣れているのです。

もう何年も前からの話ですが。

 

「買い換えるなら、MacBookProがいいな」と以前から思っていました。

でも写真や映像加工するわけではなく、記事を書く作業がメインなので、ディスプレイは気になってはいたものの、MacBook Airでも十分に仕事をしていくことができました。

 

私がお金を稼ぐアイテムとして、MacBook AirとiPhoneは必須です。
iPadは、情報収集に役立っていますが。

 

この記事を書いたのは、「MacBook Airをどの位置に入るのか」です。

最新のMacBook Airは、誰にピッタリなのでしょうか。

今僕が使ってるMacBookAirの調子が悪くなったら、買って試してみようかな。

 

とはいえ、無印のMacBookもいいですよね。

薄くて、軽くて、移動が楽だから。

 

私はできる限り、持ち物を少なくしたいと考えています。

コップやお皿といったものも、自分たち夫婦分と、友達が家に来た時に食べれるように、もう2セット位で十分だと思っています。

料理は作りますが、お菓子を作ることはありません。

ですから、家に荷物は必要ないのです。

独身時代は、今よりも物が少なかったです。

今は「〜がいる。〜がいらない」ということは、自分1人で決定できません。

妻の意向も聞かないといけないからです。

 

まとめ

 

話をMacBook Airに戻すと、MacBookProも小型で薄型になってきました。

MacBookとMacBookProの間に君臨し続けることが決定した「MacBookAir」。

どうしましょう。

 

Appleは誰を対象にしているのでしょうか。

MacBookよりもパワーがあり、お手頃ならMacBook Airを買おうかな。

しっかりと調査してから。

コメント