ネット情報は人をバカにする?発信者として感じること!

ネット上の情報をどう生かしていくのかで、「賢くなるか」「愚か者になるか」に影響する。今特に感じている「ネットに溢れるニュース」に関して書いてみた。

ネットの情報をどう処理するか

山のように、波のように押し寄せてくる情報。

正確かどうかも気にせず、取り入れることが多い。日々、情報を選択していかないと、右に左にと安定しない人になる。

これを攻略するには、得た情報をまず「疑ってみること」。

確かめていない情報も山のようにある。別に、他の人に話す必要がないというならいいけど、大抵聞いた情報は誰かに話したくなりますよね。

注意しましょう。

ネット社会に鞭を打つ

とりあえず、アクセスの数を増やすために、記事を書く人がたくさんいる。投稿する人がいる。

極悪なわけではないけど、それで、人の命に関係する可能性もある。怖いね。

健康系は特に。

以前キューレーションサイトの問題があった。不正確な情報をネットの中に「ゴミ」を残していった。僕もライターとして参加していたので、反省もある。(健康系は執筆しなかったが)。

ブログを「割り切って」書く必要もある。情報のスピードや新鮮さが重要だから。でも注意するべき。

情報の正確さ

正確か、偽りかというのは、とても重要。

「薬」で考えてみるとよくわかる。

どんな薬をいくついつ飲むか、これが命に関係する。

有名人の情報なら可愛いものだが、これも人の評判にも影響する。

みんなが調べず「嘘をついている」「噂として配信している」という理由で、何でも人に伝えて良いというわけではない。

ネットで調べ物をする人へ

お願いがある!

あるキーワードであれやこれやと調べることだろう。その時に、いつも注意すべきことは何か?

それは、「本当にこれは真実か」ということ。疑って初めて真実を見つけられる。

本当は疑いたくない。気持ちも良くない。

しかし、「聞いたこと・見たこと」は確かめたほうがいい。ネット上の情報に生活全てをコントロールされると振り回される。

「愚か者」と言われること、間違いなし。

発信する人へ

ここまでで、情報の真実性の大切さがわかりましたね。

ブログであれ、他の人や会社が管理するメディアであれ、「自分の配信することは正しいか、真実か」を確かめるべき。

僕自身、ブログ内で、人を「愚かにする」ことではなく、「賢くする」「ためになる」ことを伝えていきます!

まとめ

殴り書きでしたが、ネット情報について、最近感じることを書きました。

ネット情報が、昔と比べ物にならないほど、容易に手に入るようになっているので、ますます注意して配信したい。

この記事を読んでくれた「あなた」に心から感謝します!

ブログを書いている人なら、一緒に有益な情報を流し続けましょう。私と同じ30代の人なら、情報の摂取に関して「取る・取らない」を選んで、賢くなりましょう!

コメント