月額支払いの優越性!一括支払いにはないメリット!

最近アップルミュージックやYouTubeプレミアムといった「月額制のサービス」が増えていますね。一括支払いと月額利用では、どちらが収益性が高いのでしょうか。比べてみると月額制の方が良いと言えます。なぜでしょうか?ビジネスマン必見ですよ!

①サービスを充実させられる

 

サービスのアップデートの効果は、月額制の方が有利です。

更新があると、「引き続き使い続けよう」とユーザーは思うものです。

 

例えば、クラウドストレージについて見てみましょう。

私はiCloudの5GBを使っていますが、数百円という単位なので「使うのはやめよう」と全く思いません。

これまで1年ぐらい使っているので、「月々130円×12ヶ月」になるので年間1500円位になります。

多くのユーザーに使ってもらえば、会社にとってはかなりの収益性になりますね。

あるサービスが「使いたい!使いやすい!」と思わせるものなら、ますますユーザが離れられなくなります。

一括購入の場合は、そんなことがありませんね。

「もう使わないや」と思えば、簡単に利用を中止します。

サービスの向上と充実により、ユーザービリティは高まります。

利用者が使い続けてくれる、お金を払い続けてくれるというのは、素晴らしいサービスですね。

 

②手軽さ

 

毎月支払ってもらうサービスの値段が手頃な場合、利用者は手を出しやすいものです。

「10年使ってもらいたい」と会社が思った場合、100円とか500円といった値段でサービスを提供すると、消費者の財布の紐は緩みますね。

人間の心理を用いて、会社は月額制サービスを用意すると、収益性が高まります。

事業者は、一度の支払いで終わるサービスだけでなく、「毎月〜から使える」といったサービスを準備すると良いですね。

「たったこれだけでサービスが使えるの!」と思えば、利用者が増えますね。

 

スマホも同じです。

一括で支払うとなると数万円を一度に支払わければなりません。

しかし「毎月〜千円」といった値段設定の場合、「自分にも手を出せる!」と考えて、多くの人が新しいスマホに乗り換えます。

 

まとめ

 

月額制サービスの収益性の高さについて見ることができましたね。

事業主の場合、「月々〜から」といったサービスを用意するのは、大きなメリットがあります。

ぜひ、毎月手軽な値段から購入できる商品を用意しましょう。

まだないのは、機会を損失していますよ。

 

あなたが利用者の場合、「本当にこのサービスは自分にとって必要なのか」と考えるべきですね。

商業の罠にハマっているかもしれないからです。

 

事業者にせよ、利用者にせよ、賢くありたいですね。

 

僕は「いいな」と思ったサービスとして、楽天マガジンAmazon PrimeAmazon Music Unlimitedを利用しています。

楽天マガジンは、情報収集が主になっています。

ブログの執筆が捗ります。

 

Amazon Primeは買い物にて、助かっています。

お急ぎ便があるゆえに、帰国期間が短くても楽に商品が手に入ります。

 

Amazon Music Unlimitedは、記事書きと運動のお供です。

静かに黙々と作業したい時もありますが、音楽がないと捗らない時があります。

リラックスするにも、仕事にも欠かせないですね。

今なら3ヶ月たったの99円ですよ!

 

あなたにも、「これは欠かせない!」というサービスがありますか?

コメント