1を10にする仕事!稼ぐ人のポイント3選!

稼ぐ人は変化し続けて、挑戦と改善を繰り返す。ビジネスが回り始めてからも取り組むべきことを3つに絞って、まとめてみました。1を10にする「仕事人」になりましょう!

何となく事業がうまくいっていない?1を2にすることも難しい?

0を1にする仕事を。

これが難しいのですが、天才じゃなくても生み出せます。

自分で仕事を作る人になる!0から1に!という記事に書かれていることをコツコツと続けていけば、私のような凡人でも「稼ぐ事業者」になれます。

私と一緒に継続していきましょう。

 

とはいえ、この記事の主題にあるように「1を10にする」にはどうしたらいいでしょうか?

すでに、ある程度うまくいっている事業を、もっと拡大させるにはどうしたら良いでしょうか?

 

このポイントを、この記事では3つにまとめてみました。

  • 失敗を恐れない
  • 協調性を持つ
  • 建設的な提案をする

 

事業を拡大するために必要なのは「仲間」、そう「協力者」や「パートナー」です。

賛同してくれて、一緒に目標を達成してくれる仲間がいれば、自分1人で前進していくよりも、スピーディーに規模を大きくしていけます。

その際にも、役立つアドバイスを一つ一つ見ていきましょう。

 

失敗を恐れない!1を10にするために【コツ1】

せっかく良いスタートを切ってきたのだから、「失敗」したくないのはわかります。その気持ち。

でも、改善をしていかないといつの間にか、会社は「沈没船」になってしまいます。

事業や会社が潰れるのに、時間はかかりません。

 

前に進んでいくのを阻むものは「失敗したくない」という気持ちです。

でも、もっと積極的になっても良いのではないでしょうか?

個人事業主でも、「あれはどうだろう」「これはどうだろう」と新しいことに取り組んでいかないと、楽しくありませんし、途中で崩れ落ちます。

 

もっと失敗したっていいではありませんか。

死ぬわけでもありませんし。

 

もっと、ワクワクすることに挑戦するのはいかがですか?

僕自身も常に意識していることです。

 

協調性を身に付ける!1を10にするために【コツ2】

協調性

意外とこれがネックになっている人が多い気がします。

スタッフとのコミュニケーション、うまくいっていますか?

 

逆に、何もかも1人でやっていると、「他の人が敵」に見えてくるかもしれません。

協力者どころか、稼ぎの邪魔をする人のように感じるのです。

 

でも、実は自分がこれまでに培ってきたノウハウなどをシェアして「一緒に乗り越えていく」「成長していく」という観点は必要です。

トップを走る人が新人などに「教え」てくれるのと同じ感覚です。

 

変に「仲間がいないと」みたいな気持ちだと、事業の拡大に悪影響を及ぼすかもしれません。

でも、通常の場合、一緒に働く人や仕事をお願いする人は「信頼できる仲間」ですよね。

程よい距離をキープしつつ、力を合わせて事業に取り組むのはいかかですか?

 

人生やビジネスは、仲間がいれば、楽しいですし、1人では成し遂げられないことも可能にします!

仲間に建設的な提案をする!1を10にするために【コツ3】

良い仲間を見つけたとしても、注意するべきことがあります。

緊密に働いている場合、「あれがダメ」「これを直してほしい」と修正すべきことにしか、目がいかないかもしれません。

 

それよりも「建設的な提案」をするのはいかがですか?

  • 修正する理由を親切な形で伝える

 

自分にも会社にもメリットをもたらすことがわかれば、共に働く仲間は「やる気」を起こして取り組んでくれるでしょう。

まず心から褒めたり、感謝したりして、それから提案を与えるのも大切です。

言い方一つ、伝え方一つで、人に与える影響は異なるのですね。

 

人それぞれ長所や短所が異なります。

あなたが簡単にできることでも、他の人にとっては何倍も時間のかかる作業かもしれません。

それぞれが長所を十分に活かすことができるよう、「建設な提案」をしましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

1を10にするため、できることをご紹介しました。

よく考えれば、成功している事業主のほとんどは、これらのことを実践しているのですね。

 

私も1人で仕事をして、1人で稼いでいることが多いですが、時には外注したり、友達に仕事をお願いしたりしています。

自分自身も「挑戦する」態度を持ち続け、自分も仲間も心地よく働けるよう、また高いモチベーションを持って作業に当たれるようにしたいですね。

 

コメント