今のままでは危険!クリエイターになるため30代の今行動を【10年後に備える】

時代の流れが早い昨今。「昔は~だった」という古い考え方では、取り残されてしまいます。将来の変化を予想し、すべきことを見極めましょう。

当たり前と言われたことが変わる時代

皆さん、時代に付いていっていますか?

フリーランスとして働きながら、ブログを書いているuttam(@PWuttam)です。

 

「フリーランス」という言葉に、驚きを感じなくなりましたね。多くの人が「会社に所属せずに」生活をしています。

つい最近まで「普通」と考えられていることが、今は凄いスピードで変化していますね。

例えば、何がありますか?

 

テレビや電話は世界に復旧するまでに時間がかかりましたが、「インターネット」は数年で私たちの生活を便利にしました。

それと同時に、スマホの誕生で、生活スタイルの変化をもたらしました。新たな問題も出ています。スマホ依存症ですね。

便利と問題は、隣同士ですね。

 

日々変化するこの時代にどのようについていくのか、見極めなければなりませんね。これまで、ビジネスとして成り立っていたことが、稼げなくなっているのです。

30代の今、道を踏み外しては、これからの数十年だけでなく、老後は破滅ですね。

三十路ともなると、結婚や子育てといった「新たな変化」を経験します。当然、守るべきものができたので、働かなければなりません。

 

この「労働」ということについて、考える必要があります。

会社員として働くということは、普通のことのように感じるかもしれません。親の世代となると、入社してから同じ会社で30年40年と働くことが一般的と考えられていました。

でも、現代では、それでは生活が成り立ちません。

 

社畜」呼ばれる状況にいると、当然ながら、私たちの心身を破壊します。新たなことを学ぶ時間や体力を取り分けることさえできず、古い考えに縛られ、給料も安く、家族崩壊といった道に進んでいきます。

泥沼に入ると抜け出せないのと同じで、働きすぎや職場環境が理由で、思考能力が落ちていくと、転職や退職さえもできないでしょう。

 

もちろん、「会社」に所属することにもメリットがあります。

みんなで協力して働くということは、楽しいことでもあり、難しいことでもあります。

 

でも現代は、ブラック企業が多く、もしそこに入社するとどうなりますか?

会社に縛られて、頭も体も動かない状況になってしまうでしょう。それで近い将来に起きることから逆算して、今すぐ行動すべきです。

 

何をすべきですか?

これまでも強調していることとして、以下のことがあります。

  1. 信用度を高める
  2. アイデアを出して物やサービスを生み出す

これらに注力すれば、将来に環境や状況が変わっても、対応することができます!

 

サービスを提供することと、メディアを運営することは、あなたが想像しているよりも容易に始められますよ。

 

ブログなら、これらを使えば簡単に始められます。

 

自分の特技やサービスを提供するなら、以下のものを利用しましょう。

この結論を引き出せる理由について、見てみましょう。



無料ネットショップ開業【BASE】

たった10年で日本が変化する

近い将来、大きな変化が生じます!その中でも、以下の「7点」から、「現状で満足すべきではない」理由を理解しましょう。

 

変化するものとして、以下のものがあります。

  1. 乗り物
  2. 宅配
  3. 買い物と宅配
  4. お金
  5. 物作り
  6. 職業

 

①無人自動車

まず「乗り物」に関してですが、現在「自動運転」が実験としてなされていますね。

 

トラックが人を載せずに、物だけを運べるようになります。これが現実になるでしょう。人が車に乗るとしても、AIが目的地に自動で運んでくれます。

これから、高齢になっても、車に乗って遠くまで行けるようになるのです。車を動かすエネルギーも、今後「ガソリン」は使われなくなることでしょう。

 

EV(電気)と、H2(水素)で車が動きます。一層、地球に優しくなりますね。ここで気になることがあります。

 

ドライバーが不要になるので、運転手の仕事をしている人は、職を失いかねません。趣味としてだけ、車を運転するようになるでしょう。

 

②ドローンによる宅配

同じように「宅配」に関してはどうでしょうか?

 

今もそうですが、インターネットで買い物するので、宅配業自体は忙しくなるでしょう。宅配業に雇われ身の人は、仕事を失うかもしれませんが、トップの立場にいる人が一層儲かることでしょう。

ドローンにより、宅配が行われることも、現実になるとも言われています。

 

③無人のコンビニ

「買い物」は、どうでしょうか?

Amazon GOのニュースを見て、驚きましたね。店員が1人もいません。無人なのです。スマホだけを持って入店し、様々なことができます。

 

例えば、商品情報をスマホで得られます。どこでどのように作られたのか?食品なら賞味期限はいつかといったことですね。

会計にも時間を取られません。天井にカメラが捉えているため、何を、どのくらい買ったのか、瞬時に読み取れるのです。もちろん決算はネット上で行われます。

 

洋服の試着にも影響します。VRを使って、実際に服を着なくても「サイズ」や「着た時の見え方」もわかるのです。

あらゆるところにカメラが設置されているため、万引きも減ることでしょう。顔認証で簡単にバレます。個人情報にうるさい日本の場合では、賛否両論となるかも。

 

④働き方の変化

会社がなくなるということはありませんが、出社という作業がなくなるでしょう。電車に乗って、満員電車に苦しめられることがなくなります。

 

むしろ、現在のネット上で会議ができるので、近い将来本当に出社が不要だろうと想像できます。

分身としてロボットが単純作業をしてくれるようになるでしょう。AIは、データ入力などの単純作業が得意なので、人間がする必要はなくなります。

 

会社だけでなく「公務員」の人も仕事がなくなることでしょう。

機械が会社員のことをチェックし続けるので、健康状態や勤務状態もすべて手に取るようにわかるでしょう。

 

機械的に働くこと、単純作業から脱出すべきです。あなたがもしそのような仕事をしているなら、考慮しましょう。

アイデアを出す側になるべきです!

それを形にするために、機械が、そしてAIが手助けをしてくれます。

 

⑤お金の使い方と動き

現在でも世界中で、金銭のやりとりが実際のお金ではなく、ネット上で決算が終了しています。

 

財布や紙幣自体がなくなっていくことが想像できますね。スマホですべてを賄えるのです。資産を常にスマホで持ち歩くという感覚です。

 

仮想通貨により、銀行さえもなくなっていくことでしょう。この前、中国に旅行へ行って驚いたことがあります。すごく発展しているのです。

「日本遅れてるよ!」と叫びたくなりました。

中国はちょっとした商売、例えば野菜売り場でも、スキャンだけで決算を終わらせます。紙幣がなくなっていきますね。

日本も近いうちに変化することでしょう。

⑥物作りの変化

通常、大きな会社が作り出した物を、私たちが購入して使用しますね。それでも近い将来「3Dプリンター」が一層家庭用になっていきます。

買い物に行かなくても、物を簡単に手に入れられるのです。

 

「今とあまり変わらない」と思われましたか?

これは、今以上に実店舗に出向かなくても良くなる時代が来ることを指しています。

現在でも「3Dプリンター」でいろいろな物を作ることができますが、今後は宅配便も不要となって、ネットで注文したものを「自分で作れる」ようになる可能性があります。

材料を購入するだけで、それを3Dプリンターが欲しいものを作ってくれるのです。近未来的ですね。

 

外出が不要なだけで、食べ物や洋服といったものをネットで注文して、作ることを許可されたら、自分でその場で作れるようになるのです。

3人プリンターの能力が一層向上すると、私たちの生活が今以上に見違えるほど便利になる可能性があります。

 

物作りで今深刻なのは、これまで高い技術を有し、私たちの生活を支えてきた「シニアの人たち」からの「技術継承」です。

彼らの高い技術を引き継ぐ若者がいないために、廃れてきています。

でも今後は、修行さえも不要になり、新たな技術を新しい人たちが身に付けられるようになるでしょう。どういう意味ですか?

 

例えば、プログラミングで考えてみてください。

確かに、現在もプログラミングを身につけるには時間と労力が必要です。しかし今は、簡単にネット上で学ぶことができます。先生が不要と言えるほどに、なってきています。

 

侍エンジニア塾なら、挫折せずにプログラミングを身につけていくノウハウを習得できます。学んだことがない人でも、ネット上で少しずつ技術を身に付けていけるようになっているのです。

技術継承という点で、「AI」がさらに貢献してくれるでしょう。データを分析することに秀でているAIが、より早く技術を若い人たちに身に付けてもらうためのノウハウが、より多くの人に提供されていくでしょう。

 

楽しみな時代に突入するわけですね。あっという間に今の10代や20代に追い抜かれるでしょう。わたし自身、すでに20代に差をつけられています…。

わたしはまだ30代なので、負けませんよ。

⑦注目される職業

技術という点で「職業」も関係してきます。

今後「ホワイトハッカー」という職業が、一層必要になっていくでしょう。

なぜですか?

 

すべてを現実の会社などが管理するのではなく、ネット上ですべてをコントロールするようになります。そうなると、ハッカーによるサイバー攻撃が、不安の元となります。

ハッカーからの攻撃を退けるため、逆の「ホワイトハッカー」が必要となります。30代となった今でも、プログラミングを学び始めるのがいいですね。まだ遅くない!

 

まとめ

 

近い将来、つまり10年後の日本そして世界という広い視野で考えると、会社に縛られて奴隷のように働いている場合ではありません

何をしなければなりませんか?

  1. 人としての信用と価値を高める
  2. 持っている技術や能力を伸ばす
  3. PC技術の取得と向上
  4. アイデアを形にする

わたし自身フリーランスとなって、自分で考えて行動する習慣が身に付いてきました。

自分ですべてをコントロールするため、学ぶための時間も増えました。勉強ができないほど、仕事をするべきではありませんね。

趣味でも、学びがあるものが良いですね。

学びとするには、どうしたら良いですか?

もっと追求するのです。「どうしてだろう?」「どのようにしたらよいだろう?」と考えて、調べて、実行します。これで、自然と深い理解が得られます。

 

今はうれしいことに、新たなメディアを作り出すことが容易な時代です。ブログをやっていないのであれば、すぐに始めましょう!人生が変わりますよ。

若い人たちが最近、情報収集に使っているYouTubeで配信するのも良いですね。Instagramも利用していきたいと思います。

 

あなたもぜひ、受け身ではなく「情報を配信する人」「他の人に役立つサービスを提供する人」になりましょう。30代の今、まだ遅くありませんよ!


わたしは、ワードプレスを利用してブログを運営しています。

  • サーバー → Xserver(エックスサーバー)
  • ドメイン → Xdomain(エックスドメイン)

あなたもメディア作成をして、生活を充実させよう!

コメント