目先の益を重視する傾向!ビジネスに役立つ【現在志向バイアス】

物やサービスが売れない!この大きな問題を克服するために、人の傾向を利用したビジネスをしましょう。この記事では「現在志向バイアス」について学びますよ!

生産者として頑張っているのに結果が出ない

どうして、僕の商品は売れないのだろうか。

思い悩んだことがありませんか?

誰でも、自分の作ったものが「たくさん売れてほしい!」「使ってほしい!」と思うものです。でも、結果として思うように売れていないと気落ちしてしまいますね。

最近、会社に雇われ身の労働者から抜け出し、個人の「売上デザイナー」となったウッタム(@PWuttam)です。

売上デザイナーとは、ブログなどあらゆるサービスを用いて、売上をもたらすためにできることを作り出す人のことです。自分で、意味は付けました…。

生産者になる」ようにと励まされているけど、実際のところ、どうしたらいいのかわからないと悩んでいる人は多くいます。私もその1人です!

でも、その苦悩から解放されるために、考慮できる一つの秘訣を勉強していて、発見しました!あなたにもシェアしますね。

これにより、あなたが思い悩んでいるとしても、販売者として変わることができます!

コツは利用者に、これを使うと「すぐに得られるメリット」を強調することです。そうすると、「買ってみようかな」「使ってみようかな」と思うようになるのです。

どうして人は、「すぐに、しかも容易に得られる益」を知るだけで、購入へと動かされるのでしょうか?その理由を「現在志向バイアス」により、理解しましょう!

◾️関連記事

人は変化は嫌う!現状維持バイアスを知ってビジネス成功!【秘訣3選】

人は何に目を向けがち?現在志向バイアスの意味

あなたは、「人は目の前の利益に負けてしまう」ということが真実だと思いますか?

ダイエットをしたいと思いつつも、失敗したことがある人は大勢います。 30代になると、若い時のように消費カロリーが少ないために、中年太りになりがちです。

「細くなりたい」「筋肉質になりたい」と願っていても、大好きなものを食べてしまいます。実際には痩せたいのですが、おいしいものに手をつけないという決定を下せないのです。

ダイエットすることの益があるにもかかわらず、高カロリーのものを食べてしまうのは、なぜでしょうか?

これは、人が「近視眼的である」という事実から理解できます。どうしても、将来得られることではなくて、「すぐに得られる」メリットのほうに目が向いてしまうのです。

ですから、ダイエットにせよ、貯金にせよ、うまくいかないことが多いのです。誘惑に負けてしまうのですね。

貯金に関して考えてみましょう。今は良いかもしれませんが、50代60代となったときに貯金がないと、不安になることでしょう。

「貯金をしよう」と決めたにもかかわらず、「あれが欲しい・これが欲しい」という誘惑にかられ、結局貯金ができません。

これも「人がすぐに得られる方」に目を向けて行動してしまう理由にあります。これは心理学的に「現在志向バイアス」と言われています。

次の部分では、この「人の傾向」を使って、どのようにビジネスに活かすことができるでしょうか?また個人として、この良くない人間の欲求をどのようにコントロールできるでしょうか?

ビジネスに生かそう!すぐに得られる益を強調して!

あなたは、何かの商品やサービスを作って売っています。それを、どのように消費者に宣伝すると良いでしょうか?

例で考えてみましょう。この二つの言葉のうち、どちらを選びますか?

  • これを使えば「1年後に」こんな益がある
  • 使ってすぐに効果がある

あなたは、どちらを使いますか?同じような商品でも、「目先の利益」を優先するのではないでしょうか?

時間が経てば、想像以上のメリットがあることを知っていたとしても、「すぐに」メリットが得られる方を、選んでしまうことでしょう。

ここから、どんなことが分かりますか?

私たちが生産したアイテムを使って、「すぐにどんな益があるのか」を強調すると、人は気持ちが高揚し、購入に促されるわけです。

誰かに物を紹介したり売ったりする際には、それにより「すぐに」得られる益を、熱く語りましょう!さらに長期的にもどんなメリットがあるのかも伝えられたら、最高ですね。

◾️関連記事

「行動ファイナンス」から学ぶ!投資家になって労働から卒業するため!

自分に当てはめよう!長期目標を達成するために!

次に、自分に当てはめてみましょう。

目先の利益に注目してしまいます。すぐに手に入りそうなメリットがあると、他のことには目が向きません。これは、注意すべきことですね。何よりも「今を重視」すると痛い目を見る可能性があります。

目標という長期的なものを設定したとしても、途中でつまずいてしまう可能性があります。「誘惑」に負けてしまうのです。

例えば、「月の売り上げを百万円にする」というゴールを設定したとします。そのために、「毎朝5時に起きて仕事をする」と決めます。しかし、どのような失敗があるでしょうか?

目標を設定していても、見たい映画を夜に鑑賞してしまうとどうなるでしょうか?これが「目先の楽しみ」ですね。

気合いで起きれるかもしれませんが、通常は眠気に勝てませんね。当然、朝起きて作業はできません。忙しい中、早朝に作業しなければ売上が伸びないので、目標不達成になります。

どうしたらよいでしょうか?

途中で挫折せずに、目標を達成するには、どうしたら良いでしょうか?いくつかの方法があります。

  • 目標達成によるメリットを部屋に貼る
  • 小さな目標を立てる
  • 妨げとなることを予想して対策を練る

まずは、目標達成することによる「大きなメリット」を掲げることです。それを「プリントして部屋に貼っておく」といったことができるでしょう。

次に、目的を達成するための「小さな目標」を設定します。

例えば月100万円という目標であれば、今週と来週は、何をするべきでしょうか?考えて、「目標を細かく設定」するのです。

そうすると、これらが川を渡るために置かれた「石」のような働きをしてくれ、川渡りというゴールを達成できるのです。

またどんなことが「目標達成の妨げ」となるか、これも考えておきましょう。その対策方法も設定しておくべきですね。

誘惑となるのは、オヤツでしょうか?テレビですか?YouTubeでしょうか?人それぞれ、長期的な益を得るために「邪魔」となるものがあります。それに対処する方法も考えておきましょう!

◾️関連記事

充実したい?つまらない生活から脱するため目標を持とう!

まとめ

「こんなに良い商品、便利なサービスなのに、使ってくれる人が少ない」といった悩みを解決する方法を、ご紹介できました。

関係することは「現在志向バイアス」という、人は「目の前の利益や楽しみを優先させてしまう」という心理です。

もう一度、自分が作ったものを見直してみましょう。それが、今と将来、使い手に益をもたらすものであれば、自信を持つべきです。

宣伝不足の可能性もあります。

人はすぐに得られるメリットに目を向けるので、これを購入すれば「その日からどんな変化がもたらすのか」を強調しましょう。そうすれば、利用者が増える可能性が高まります。取り組んで見る価値があると思いませんか?

今すぐ得られる楽しみや喜びに目を向けがちな人間の傾向と戦うために、達成したい大きな目標に常に目を向け続けましょう。それらを達成するために「計画を立てる」べきです。

それを、1つずつクリアしていけば、目の前にある誘惑に負けず、ゴールに到達できます!

人間の傾向を理解すると、ビジネスにも役立つ点がわかりますね!

◾️関連記事

物を売るために考えるべき【プロスペクト理論】

コメント