コンテンツ量は、短めでハイクオリティがいい!

最近の傾向を見ると、文章も動画も「シンプル」「明快」「短い」のがいいと思う。その理由をここでお話しします。

コンテンツは読者や視聴者を意識すべき!

どうも、ウッタム(@PWuttam)です。

コンテンツ作りをしているあなたは、日々努力していますよね。でも、「どんなものが良いのか」迷うことがありますよね。この記事では、そんなあなたに「どんなコンテンツが受けるのか」お話しします。

 

 

文字離れが進んでいる現在、大人も子供も「本を読む」とか「新聞を読む」といったことよりも、「動画を見る」ことが多いですね。

日本にいる時も感じましたが、海外では一層この速度が高まっているように感じます。

日本で販売されている本の中でも、文章だけでなく「絵や漫画」を使って説明しているものがたくさん売れますね。

 

今後も、会社にとらわれずコンテンツやサービスを提供する側になるには、世の中で人々が求めているものを提供しなければなりません。

だからこそ、どのくらいの長さの記事を書けばいいのか、何分の動画を投稿したら良いのか、といったことを考えるのは大切です。

 

私が最近強く感じるのは、「できるだけ簡潔に、子供でもわかるように説明する」です。

長々と説明すれば、全てが網羅されるかもしれませんが、読者や視聴者は理解に乏しくなります。

むしろ要点をわかりやすくシンプルに提供しているものが好まれます。

 

私自身も最近ブログに文章量を最低限にしつつ、大切なことを強調するようにしています。

動画に関しては、YouTubeで10分とか20分といったものは、映画やドラマ以外見ません。

大抵一つのことを説明する場合、「5分位」で足りますよね。

 

忙しい世の中なので、皆が「サクッと」伝えられたものの方が喜ばれますね。

 

まとめ

 

今日は、コンテンツを作る際に「意識すべきこと」をまとめてみました。

紹介する分野においては、専門用語をわかりやすく説明するために、長い量の情報を提供する必要があるかもしれません。

単に、コンテンツは短い方がいい、訳ではありません。

 

どんな話であれ、「子供でもわかりやすい」を意識して、提供できれば有益な情報を消費者とシェアできますね。

頑張ってコンテンツを作り続けましょう!

コメント