デジタルでイラスト!手元にある道具ですぐに描きこう!

デジタルでイラストを描きたいという人に向けて、「今ある道具を使って、どんどん描こう!」と励まします!私と一緒にイラスト作成を楽しもう!

イラスト初心者へ!道具や学び方を教えるよ!

あなたはイラストを描きたいと思っていますか?初心者だけど、学んでいきたい、上手になりたいと願っているでしょうか?

ぜひ、今日からアナログではなく、デジタルで描き始めてください!

とはいえ、イラストを描くのに、高額な道具が必要なのでしょうか?

いろいろな道具がないとできないのでしょうか?

こんな悩みを抱いているかも知れません。

どんな道具が必要か、という疑問の答えをはっきりとお伝えしますね。

また、どうしたらもっとイラストをうまく描けるようになるのか、私なりの考えと取り組んでいる方法もご紹介します。

私自身、プロのイラストレーターではありませんが、最近イラストを描くことに、喜びを感じています。

では、どのように初めたのか、使った道具なども含めて、ご紹介しますね!

答えから、先にお伝えします!

今ある道具でトライしてみる!

高額な道具をたくさん揃える必要ありません!

では、イラストを描く際に最小限の道具で十分な理由と、初心者でもイラストをうまく描いていく方法をご紹介しますね。

必要な道具はこれだけ!デジタルでイラストを描くために!

まず、道具からです。

イラストを描くのに、何が必要なのでしょうか?

どんなプロでも、その分野の道具がないといけませんね。最近はイラストをアナログよりも、デジタルで描く人が増えています。

デジタルの場合、ごみは出ませんし、服も手も汚れません。

私が最近確信していることがあります!それは、あれこれも道具を買う必要はない、ということです。

 

日本人はiPhoneの所有率がとても高いですね。実は、iPhoneと無料アプリだけで描くことができます。私のオススメは、描いて描いて描きまくることです。

 

iPadがあれば、イラストを描いて、それをサイトやInstagramなどに投稿することができます。簡単ですね。

iPad mini2を、私は使っています。「今更、古いiPadを使ってるの?」と思ったかもしれません。でも、全然大丈夫です。現役です!

高いレベルのイラストを求めていないので、満足しています。

とはいえ、もっと高いレベルを求めるのであれば、最近出た「iPad」をオススメします。私は持っていませんが、プロでなくても良いようです。

もちろんプロのほうが細かい修正ができるようですが、通常のiPadで大丈夫です。

 

ついでに、Apple Pencilも購入しちゃいましょう。

2018年度以降のiPadなら、Apple Pencilが使えます!

 

では、「ペン」はどうしましょうか?私が投稿しているイラストは、「」で書いています。つまり「なくても描ける」ということです。

私は普通の人よりも、指に太さがありますが、全然大丈夫ですよ。

最近100均でも、とても良いアイテムが出ています。これもオススメですよ。

108円で買えます。

 

IPadは、中古でも購入できるので、サイフと家族と話し合って購入してください。中古サイトは、ここが良いでしょう。



中古スマホ・白ロム専門サイト/ムスビー

iPadですぐに描ける!デジタルにはコレ!オススメアプリ

次は、iPadで利用できるアプリです。私がよく使っている「2つのアプリ」をご紹介します。

1週間前からPaperを使っています。他には、ibisPaint Xです。

 

ぶっちゃけ、ibisPaint Xは少し苦手です。

将来、腕が上がれば使いやすいのかもしれませんが。欠点は、アイテムの数が多すぎることです。難しい言葉や道具がたくさんあると、どれを使ったら良いのか迷ってしまい、最も重要な「イラストを描く」ことができません。

ibisでは、私の下手さが際立ってしまいます。残念ですが。

 

それで、最近見つけたPaperが1番いいです。シンプルな使い方で、サクサク描けます。課金すれば、もっと細かい作業ができるようですが、無料でも十分ですよ。

Paper – FiftyThree

シンプルで美しいスケッチ

クリエイティブな毎日を始めよう: iPhoneやiPadで絵を描いて、絵本や観察日記を作ろう。

クリエイティブな 毎日を始めよう
iPhoneやiPadで絵を描いて、 絵本や観察日記を作ろう。

デジタルイラストの描き方を学ぼう!今すぐ学べる簡単な方法!

深刻とも思える「絵を描くことが下手」という問題をどうしたら解決できるのか、お紹介します。

当然、私のイラストも上手というレベルになっていませんが、楽しくイラストを描いていくための助けとなっているのが、「YouTube」です。

YouTubeでいいの?と思うかもしれません。

お金を払って勉強するのも良いかもしれませんが、使い方次第でお金を使わず、イラストを上達していけます。

 

とりわけ「あいろま@iroma0ytb」さんという「二頭身のイラストの描き方」を教えてくれるチャンネルがわかりやすいです。

可愛らしいイラストを私は書いていきたいので、あいろまさんの描き方から、たくさんの学びがありますよ。ぜひ、見てみてください。

 

描き方として、簡単にコツもご紹介しますね。

まず「おおざっぱ」に描きたいものを紙全体に描いてきます。

そこから、細かなところも描いて、色を塗って完成です。

 

コツ料理と同じです。

何を作りたいのか、最初に決めなければ、美味しい食事を作れません。

同様にイラストも「ゴール地点を決めておけば」後はそこから細かい点を描いていけば、上手くなります。

 

イラストを描くことを励まされたのは、バカボンド井上雄彦さんです。

毎日休まず描き続けることにより、どんどん上手になったようです。

何事も数をこなせばこなすほど、上手くなるということです。

楽しく描いていきましょう!

まとめ

初心者でイラストを描きたいあなたに「どんな道具が必要なのか」「どうやって描いていったらよいのか」ご紹介できました。

私はプロではありませんが、初心者として「とても使いやすいアイテム」と「イラストの学び方」をシェアできました。ぜひあなたもブログなどに投稿してください。

レベルが上がれば、イラストを売り出せるでしょう。楽しいですよ。

とはいっても「イラストを描くのが楽しくない」「時間がもったいない」と思うのであれば、外注もいいですよ。自分の長所を最大限に生かすために、イラストが邪魔しているのであれば、他の人にお願いしましょう。

ココナラ」というサイトから、イラストレーターに仕事をお願いできます。ツイッターでもイラストを描いている方がおられます。彼らにお願いもできますよ。

自分がどんなイラストを求めているのか、そのイメージに近いイラストを描いている人にお願いしましょう。

他にもクラウドワークスランサーズから仕事をお願いすることができます。使ったことがない人であれば是非登録してみてくださいね。

イラストを描くのは楽しいし、世界が変わる!



ココナラ

コメント