長時間労働で幸福度は上がらない!

今もまだ「ブラック企業」で長時間働く人がたくさんいます。それがどのような影響を及ぼすか、また長時間労働からすぐに卒業すべき理由をご紹介しますね。

長時間労働は人を壊す

東京大学の准教授がこんなコメントをするのは、びっくりですね。

「残業時間60時間超えると幸福度は急にぐっと上がる」と言っているけど…

 

人間としておかしくなるからでは。

長時間働き続けると、ちょっとしたことで嬉しくなる。

例えば、いつもより1時間早く帰宅できたとか、今日は終電前に電車で帰宅できたとか。

 

これでは普通に体を壊しますよね。

家族崩壊まっしぐらです。

 

働くことは必要だけど、バランスが大切ですね。

「何が何でもお金」という考え方だと、自分も家族もないがしろにしがち。

 

すぐに、そんな会社から飛び出しましょう。

今は、生活基準を低く保てば、いろいろな仕事ができる。

低い給料でも、やりがいがあり、将来性もある会社が存在します。

 

僕の周りには以前、残業が当たり前に人がたくさんいました。

今は客観的に見れるのですが、夫婦共に不倫中だったり、子供は乱れていたりと問題が彼らにはたくさんありました。

「他の人も長時間労働をしているから」と自分を誤魔化してはなりません。

 

今は、リモートワークや自宅労働、フリーランスという働き方が普通になってきました。

 

僕も毎日お世話になっているのは、CrowdWorks(クラウドワークス)です。

割と誰でも月に2〜3万円は稼げて、10万円も一日8時間労働なら手の届く範囲にありますよ。

田舎や僕のように生活費の安い海外なら、全然生活していけます。

僕は月に5万円以下です。

 

まとめ

 

長時間労働を普通に何日もしている皆さん。

早く、働き方を調整しましょう。

 

現在は、働き方に幅があります。

クラウドワークスなどを使えば、人に会わずとも仕事ができます。

クライアント探しも、もちろん可能。

会社に出勤不要です。

会議も直接会わなくてもできますね。

電話さえも不要でしょう。

メールで十分。

 

長時間労働をする環境から脱出し、短い時間にクオリティーの高い仕事をして「ワークライフバランス」を保ちましょう。

(ワークライフバランスって8〜9年前に流行りましたね)

 



コメント