雑誌を読んでる?古くて新しい情報収集方法!

あなたは身の回りで、そして世界で起きているニュースや情報を何で得ていますか?勉強を兼ねて、実は「雑誌」で情報収拾することは、本当に有益です。その理由とメリットの理由を見てみましょう!

情報過多の時代に雑誌を読む!

人々は、様々な道具を使って情報を集めています。

おじさんたちは、新聞を読んで毎日のことを知ります。昔であれば、テレビや新聞だけでしたが、今は「ネット」からかなりの情報が得られます。むしろ、これが主流かもしれません。

昔からそうですが、信頼できる情報は「書籍」から得ることが常識ですね。毎日のように、不必要と思われる情報も、どうしても耳にそして目に入ってきます。

情報集めをする際に、不必要なものを取り除くには、どうしたらよいでしょうか?

短い時間でたくさんの情報を得るための「オススメの方法」は何でしょうか?

  • 電子的な形で読める雑誌

私は毎日、「楽天マガジン」を利用しています。その方法とメリットについて、熱く語りますね!

まだ使ってないの?タブレットを使った雑誌購読!

あなたは今すぐ、値段が高くなくて良いので、手頃な価格の「iPad」を手にしましょう。できれば、「iPad mini」シリーズが良いですね。

使える「雑誌読み放題サービス」を提供しているのは、以下のような会社です。

楽天マガジンなどを使うなら、どんなことが可能になるでしょうか?

まず、隙間時間を有効に使えるようになります。小さめのiPadであれば、電車の時に、またはバスに乗っている時など、人の邪魔にならず、読むことができます。

雑誌から、様々なことを学べます。新しい便利品についても知れて、一層生活が充実します。

YouTubeやブログ、テレビや新聞とは一味違う、雑誌による情報収集のメリットについて、さらに詳しく見てみましょう。ここでは、楽天マガジンを例にご紹介しますね。

楽天マガジンを使った中のメリット!10選!

①書店に行かなくていい

楽天マガジンは、契約をしてお金を払えば、すぐに利用できます。もちろん大画面のスマートフォンでも大丈夫ですが、タブレットが特にオススメです。まるで紙面の雑誌を手にしているような感覚になりますよ。

インターネットにつながった状況であれば、またガジェットのストレージが空きの状態であれば、利用できます。「お店に行かなくて良い」というのは、本当に便利です。

時間がない「忙しい方」でも、大きなメリットがあります。タブレット上に本屋さんが来たかのようです。

② 200以上の雑誌が読める

楽天マガジンは、現在約200以上の雑誌を読むことができます。月に1冊読んでも、10冊20冊もしくはそれ以上の雑誌を読んでも、かかる費用は同じです。読めば読むほど、メリットがあります。

あなたは、どんなことに興味がありますか?それに基づいて、雑誌を選べますね。バイクや車の雑誌はもちろん、ファッション系、ビジネスマンに役立つ情報などもあります。

男性である私にとって、「子育てや女性誌」というのは書店で購入することに躊躇してしまいますが、電子上のため、全くためらわずに読むことができます。妻や子供の気持ちや状況を理解するのに役立っています。

趣味の雑誌もあるので、今まで知らなかった分野のことも知れて、新たな発見があります。

③以前の古い雑誌も読める

ある雑誌に興味を持った場合、先月もしくは1年前のものも、見たくなるかもしれません。実はそれも、楽天マガジンはできます。

何ヶ月も前に出た雑誌のメインテーマは何か、ということも知ることができます。これに課金せずに読むことができるのです。うれしいですね。家計に優しい!

④雑誌をガジェットにダウンロードできる

Wi-Fi環境にない場合、読みたいのに読めないということがありますね。でも、ご安心を!楽天マガジンであれば、読みたい雑誌をガジェットにダウンロードして読めます。

これには、大きなメリットがあります。なぜでしょうか?それは、「オフラインで読むことができる」と言うことです。

iPadを購入したとしましょう。セルラーモデルというSIMカードを入れてデータ通信もできるものがあります。でも「Wi-Fiモデル」のタブレットであれば、Wi-Fiがなければ、ネット上の情報は得られませんね。

インターネット接続状態でなければ見れないサービスの場合は、どうなるでしょうか?ネットのスピードが遅いと、ダウンロードに時間がかかるなど問題が起きて、集中して読むことができません。

しかし、楽天マガジンはダウンロードして読むことのできるサービスなので、一度ダウンロードしてしまえば、後は安心です。

電波の悪いところでも、ゆっくりと読むことができるのです。最高ではないでしょうか?空港で、また飛行機の中で読めます!

⑤スクリーンショットで情報を収集

雑誌をいろいろと読んでいるうちに、興味があることや覚えておきたいことが見つかるかもしれません。私は毎日あります!

そんな時に、情報をストックしておきたいですね。どうしたらよいでしょうか?

私はiPad miniを使っているのですが、気になるページはスクリーンショットをして、保存します。これで読んで頭に入っていなくても、後で読み返すことができます。

他にも雑誌を興味のあるものを最初に読んでしまい、気になるところだけ画像として保存して、後でまた読み返すこともできるのです。後でパソコン上で整理することもできるので、本当に便利です。

昔は本屋さんに行って、気になる雑誌を何冊も購入し、スケッチブックに切り貼りしていた時のことを思い出します。あれはあれで、楽しかったのですが、かなりの労力が必要でした。

何と便利な時代になったのでしょう!

⑥月々の料金が400円以下

200以上の様々な種類の雑誌を「読み放題」ということを聞くと、毎月どのくらい値段がかかるのか、心配になるかもしれません。私もそうでした!

でも、安心してください!月々300円ほどで読むことができるのです。年間でも4,000円以下です。とりわけ、年間契約した方がお得です。

このサービスを使わないわけにはいきませんね。1冊の雑誌だけでも、物によっては500円600円、もしくはそれ以上かかることがあります。

1冊読んだだけで、元が取れてしまいますね。私は「Mac Fan」という雑誌が大好きで、月1回新しい号が出るのですが、それだけで元が取れてしまいます。

Mac Fanは電子版が少し安いのですが、一冊700〜900円です。缶ジュースを3本我慢するだけで、この便利なサービスが利用できるのです。

⑦楽天ポイントでの支払いもできる

あなたは、楽天カードを使っていますか?

もしそうであれば、さらに楽天マガジンの利用をオススメします!ポイントを使って、支払いができます。貯まったポイントを楽天マガジンなど、自分の生活を充実させるサービスのために利用ができます。

安く良いものを楽天のサイトで見つけて、購入して貯まったポイントを楽天マガジンに使いましょう。一石二鳥ですね。

楽天カード

⑧本や新聞とは異なる

本というのは、信頼性があるという大きなポイントが存在しますが、分厚くて重いというイメージがありますね。でも、「雑誌」はふんだんに「図・写真・絵」が使われています。

もちろん本や新聞にも、写真などがあるでしょう。でも雑誌が圧倒的に勝っています。図や写真により、気持ちも心も雑誌に引き込まれます。

最初のページから最後のページまで「どんなことが書いてあるんだろう」と、集中して読むことができます。記憶と理解の助けになるわけです。

これは、まさに情報収集にピッタリと言えませんか?

⑨無駄な広告なし

ブログを運営している私が言うのも変なことですが、広告は多すぎると「邪魔」に感じますね。

でも雑誌の場合、「無駄な広告・邪魔な宣伝」が出てきません。もちろん貼られていますが、「光ったり・動いたり」しません!まるで、デザインの一部のように見えるのです。

これが雑誌の大きなメリットの1つと言えると思います。YouTubeやテレビ、またウェブサイトには、注意が散漫になる「広告」がたくさん出てきます。

でも雑誌は、広告があまり気にならず、メインの部分に注意を向けることができます。

⑩デザインの勉強になる

ウェブデザイナーの人など、デザインの勉強したい人に、雑誌がピッタリです。

なぜなら、文字の大きさや写真のサイズ、配置などが注意深く考えられて設置してあるからです。

ファッション雑誌なども、私は好んで読むのですか、紹介されている洋服だけでなく、雑誌自体の色や形、余白などは勉強になります。

文章や広告を通して、読者の益となることを提供する人間として、こんなに学びの場となるものは、他にあまりないですね。あなたも、ぜひ使ってみてください!

月数百円で得られる学びは、将来に大きな差を生み出しますよ。雑誌から色々学んで、活用していきましょう。

まとめ

ウェブサイトやYouTubeが盛んな今、電子的な形で雑誌を読むということについて、ご紹介しました。

とりわけ「楽天マガジン」がオススメです。月々300円ほどで雑誌が読み放題です。定期的に最新号が追加されます。メリットを10個ご紹介しましたが、デメリットはないように思います。

雑誌読み放題サービスの中でどれを利用するかは、人それぞれで好き嫌いの違いとなるでしょう。取り扱う雑誌の種類や分野が異なるので、あなたにぴったりのサービスが使えたら良いですね。

「楽天マガジン」は、比較的バランスよく、色々な分野を提供してくれていると思います。今後も十分に使わせてもらう予定です!



楽天マガジン

コメント