商品が売れない!失敗が怖い!原因を知って抜け出すための3つの方法

「赤字続きでどうしよう?どうしたら売れるのだろう?」こんな問題から脱却するために、どうしたら良いのでしょうか?手と頭を動かし続けるための「3つの解決法」をご紹介!

売れない原因は何?

物が売れないなぁ!いろいろチャレンジしたいけど、失敗が怖い!

自分で商品を作って売りたいと思っているにもかかわらず、手が止まっているといったことがあるでしょうか?

確かに、人は誰でもが「失敗したくない」、損したくないと思っています。

でも、リスクを必要以上に重く捉えすぎて、事業者になるどころか、労働者で居続けるのは、本当にもったいないことです。

「商品が売れず、足踏みしている」あなたに向けて、前に進むための励ましを、この記事を通して、お伝えしますね。

商品が売れない状況から脱却!

物が売れないというのは、本当に辛いです。

最近、副業を始めたり、新たなビジネスを自分で始めたりした場合、簡単に売り上げを出せませんね。「難しい」という言葉で、まとめるのもおかしなことです。

「無理だ!乗り越えない!」とただ叫んでいるだけでは、前に進むどころか、足踏みをしてしまいます。

せっかく物を作ったのに「赤字が続いている」、ゆえに「倒産が近くなっている」となると心身共にやられてしまいますね。どうしたらよいのでしょうか?

物が売れないので「他のものを作らないといけない」と考えているかもしれません。でも、また大きな失敗をしたらどうしようかと、思い悩んでしまい、苦しむのです。

実は、「失敗が怖い」と思ってる人がたくさんいます。失敗すると恥をかき、悔しい思いを抱き続けなければならないと思うのです。

せっかく全力で、何ヶ月もかけて作ったのに、また失敗するなんて「嫌だ」と思うのです。

そんなあなたに、バルミューダという「常識を外れた最高の家電製品を作る会社」の社長さんである「寺尾玄さん@GenTerao」から学んだことを、まとめてみました。

  1. 自分が商品を作り、売ることをためらうな
  2. 狙って失敗したなら多くの学びがある
  3. みんなが欲しいと思うものを作れ

これらを1つ出て見てみましょう。

売れる商品を生み出すために【3選】

商品を作り、売ることをためらわない①

労働者であれば、多くの場合、リスクを取らずに毎月お金を貰い続けることができるでしょう。

でも、現在の日本の経済を見てみると、沈没船に乗っているようなものですね。税金はますます増えていきます。会社に所属しても、今の20代30代は、給料が上がっていきません。

これは真実です!

大学に入る際、奨学金という大きな借金を背負ってしまうなら、さらに首が閉まっていきますね。私の兄が、今そんな状態にいます。まったく身動きができません。

社畜となっていて、「旅行に行くなんて無理」「クビになる」と考えているのです。

会社に所属することから卒業」という考えがわかった私は、リスクを覚悟で、個人事業主としてスタートしています。

もちろん生活していけるのだろうか、稼いでいけるのだろうか、という不安が押し寄せてきますが、でもそれを覚悟で「前に進む」のです。

ビジネスでチャンスを掴むには、私たち自身が一方進まなければなりません。チャレンジ精神ですね。

◾️関連記事

あなたの労働力を会社に搾取されていない?生産者になるべき理由!

狙って失敗したなら多くの学びがある②

このチャレンジに関してですが、闇雲に動いては意味がありません。

野球でいうと、何も考えずにバットをひたすら振るだけでは、時間がかかりすぎます。どうしてなんだろう、なぜなんだろう、と考えながら練習をすると、成長が速くなります。

同じように、ビジネスも「狙って取り組むべきですね。「これが、こうだから、こうする」といった理論がもって、取り組むのです。

このように詳細に狙って行うなら、失敗しても、数え切れない多くの発見があります。

「こんなデザインの、こんなアイテムを作ったので、買ってくれるだろうと思ったのに、売れないのには、どんな理由があるのだろうか」と考えて、次に進むので、さらに良い商品を作るきっかけとなります。

失敗から、貴重な体験ができます。

ここまでで、メインの2つの点が分かりましたね。

一つ目は、あなたの商品を作り売り続けることです。また二つ目は、売れると思って狙ったにもかかわらず失敗したのなら多くの学びがあるということでした。

心に留めておきましょう。

では、どうしたら商品が売れるのでしょうか?

みんなが欲しいと思うものを作る③

寺尾玄さんから学んだ大きなポイントは、以下のものです。

  • みんなが必要とするものを作る

 

「自分が使いたい」「いいと思う」だけでは視野が狭すぎます。もちろん、作る本人が「使いたくない」なら売れないのは当然ですが。

「どんな年齢の、誰に使ってもらいたいと思っているのか」を理解するために、これらのことを考慮しましょう。

  • 彼らは今どんな不便を被っているのか
  • どんな生活の変化を望んでいるのか

 

これはビジネスすべてに関係しますが、この思考はブログ運営でも役に立ちます。例として、ブログで考えてみましょう。

  • 読者はどんなことを知りたい?
  • ブログ運営の仕方が知りたい?
  • 副業の方法を知りたい?

人それぞれ、状況や立場が異なり、悩みの質も違います。

それらを一つ一つ汲み取っていくのです。グーグルを使ってサーチするのも良いですし、直に人から聞く(インタビュー)というのも、とても良いことです。

 

「ディズニーランド」について、ある本から1つの気づきがありました。

・利用者はどんな体験をしたいと思っているのだろうか

それを提供するのが、アミューズメントパークなのです。お金で買いたいと思うほどの楽しい体験・新鮮な体験を提供したいですね。

 

ここまでで「商品が売れる方法」がわかりました。

みんなが欲しいというもの」「必要とするもの」を作り、宣伝するという方法でした。

利用者に宣伝する際、以下のメッセージを確実に伝えましょう。

  • これを買うと(使うと)将来はこんなに良くなるよ

◾️関連記事

副業にピッタリ!ツルハシビジネスで稼ぐコツと4つのステップ!

まとめ

現在はインターネットを使って、またSNSで多種多様な情報を得られます。人々が発信してくれる情報から多くの学びがあります。無駄なものも山のようにありますが。

この記事では、とりわけ「バルミューダの寺尾玄さん(@GenTerao)」のコメントから、私なりに学んだことをまとめてみました。

商品が売れないことで悩んでいる人と、ビジネスでの失敗が怖い、と思っている人に向けて、常に考慮すべき「3つのポイント」をご紹介しました。

  1. 自分が商品を作り得ることをためらうな!
  2. 狙って失敗したなら多くの学びがある!
  3. みんなが必要とするものを作れ!

これらを、いつも思いに留めて、私と一緒に自分の商品を、世に発信していきましょう。あきらめずに続けるなら、場所にとらわれずにフリーランスとして自由な生活ができますよ。

◾️関連記事

もっと上を目指せる!30代を充実させるためにできること5選!

コメント