文章を書く仕事にまだ未来はあるよ!佐々木ゴウ先生から学べ!

ライターとしてスタートしている人も、これから始めようとしている人も、この動画を見れば勇気をもらえます。僕はすでにライターとして5年ぐらい活動しているけど、目から鱗の情報満載でした!

WEBライターは夢がある!佐々木ゴウさんより!

 

どうも、ウッタム(@PWuttam)です。

このブログを運営しつつ、ライターで稼いでいます。

決してライターとしてのセンスが飛び抜けているわけではありませんが、経験値としてはちゃんとあります。

まだライターとして活動して、生活できるよ!」と言いたい。

 

とはいえ、闇雲に作業しているだけでは、うまくいきません。

どんなビジネスもそうですが。

上記の動画にもありましたが、上流に行かなければ手取りの少なさから抜け出せられません。

つまり、ライターから編集者という上の立場にならなければ、給料は上がらないということです。

作業のきつさから抜け出せないのです。

とはいえ、細々とならライターで余裕に生活できる!

 

もちろん、ライターとして記事を書くことは面白いですよね。

僕は、好きですよ。

 

ライターとブロガー、違いがあります。

どちらも文章を書くことに違いがないのですが、ライターの場合はクライアントがいるので、彼らの要望に答えなければなりません。

好き勝手に執筆することができない。

だから、ライターとして楽しく活動するにはいくつかのポイントがあります。

 

  • 一文字一円以上の仕事を受ける
  • 6つぐらいのクライアントと契約する
  • 交渉をして単価を上げてもらう
  • 好きな分野で記事を書く
  • ニッチな分野を得意とする
  • 今後注目されることについての知識を持つ
  • 外注して編集者になる
  • スキマ時間を有効に使う

 

他にも佐々木ゴウさん(@goh_ssk)が話されていたことを、一つ一つ実践していけば月に100万円を超えるらしい…

一度に全てはできないと思うので、地道にトライするしかない。

 

まとめ

 

ライターやブロガーはおしまい、という話を聞きますが、まだ稼げますね。

実際、僕もこれで生きているのですから。

とはいえ、動画や音声コンテンツは必ずもっと流行りそう。

5Gになったら、加速するだろう。

今の若い人たちは文章をほんと読まないから、彼らをターゲットにするなら、確実に動画や音声だろう。

今のうちから新しいこと、後に流行りそうなことに目をつけて、活動をすべき。

ライターで生活費を稼ぎつつ他のことにリソースを注ぐのです。

 

佐々木ゴウさんから、「ライターにも夢がある」と励ましてもらえる動画から感想でした。

またね。

 

最後にライターとして文章力を上げたいなら、このサービスを使ってみるのもオススメ。



コメント